ロシア・グルジアの軍事衝突 

8月8日、北京オリンピック開会式の日に起きたロシアとグルジアの大規模な軍事衝突。めまぐるしく変化する情勢が連日伝えられている。13日、フランスの仲介により両国は、武力不行使、戦闘停止などの「和平6原則」に基本的に合意した。21日の報道(時事通信)によると、フランスの提示した停戦順守を求める国連安全保障理事会決議案をロシアは拒否し、先の「6原則」(「グルジアの領土保全」に言及していない)をそのままフランス案への対案とした。

d0007923_17274399.jpg8月20日、マチャワリアニ駐日グルジア大使が『南オセチアを巡るロシア・グルジア両軍の軍事衝突の行方と平和解決の道』と題して東京・赤坂で講演(といっても在京メディア各社との質疑が主体)を行い、グルジアサイドの公式見解を示された。質問によってはストレートな回答がない(できない)場面もあり、また、語られない事実も多々あると思われるが、行ってきましたので概要を紹介します。
(写真:日本財団


●南オセチアの分離派が先に攻撃した
グルジアは、分離派勢力の攻撃に反応したのであって、グルジアが軍事攻撃を始めたのではない。今年の3月から、ロシアによるアブハジア、南オセチアへの軍備増強が行われていた。8月6日以前に、(*グルジアが南オセチアのツヒンバリを攻撃したのは7日)グルジアは、米国との情報活動により、ロシア軍が南北オセチアをつなぐトンネルを(南に)進んでいるという情報を得ていた。

●今回の軍事衝突は「テスト・ケース」
ロシアが、グルジアの民主化を阻止し攻撃的態度に出たのは、西欧社会、NATOの反応を見定めるため。ロシアは、西欧への対抗意識から意に沿わない周辺国の民主化を邪魔する。グルジアの次はウクライナに、その次にはアゼルバイジャンに干渉(進撃)するかもしれない。(*これらの国はNATOとの関係強化に積極的である)

●ロシアは平和維持の努力を反故にし、グルジア政府の転覆を図った
グルジア国内での分離派との対立は以前からあったことであり、今回のロシアの反応(グルジア侵攻)は予期しなかった。過去16年にわたり、(国連や欧州安全保障協力機構を通じた)平和維持活動が継続されていた。グルジアは軍事的な解決を求めていない。今後は、国際的な監視体制にロシアは関わらないでほしい。(*ロシアはグルジア国内の分離派地域に「平和維持部隊」を送り込んでいる)

●ロシアは敵
ロシア政府の指導力を握っているのはKGB(現FSB)である。チェチェンで、ベスラン(*学校占拠事件が起きた北オセチアの都市)で、多くの市民が殺害された。グルジアは、(ロシアと違って)西欧、国連のスタンダードに立ち少数派の権利を守る。

●コソボは特殊な事例
グルジアの領土保全は疑問の余地がない。コソボでは、住民の大半が同地に留まり、国民投票でセルビアからの独立を支持した。(住民の意思が反映されたコソボと異なって)アブハジア、南オセチアではかつての3分の1しか住民が残っていない。ロシアは彼らにパスポートを与え、領土併合の機をうかがっている。

●20日現在の犠牲者数について
現在、状況を把握することが非常に困難なため不明。避難民が12万人以上いるとしか言えない。ロシアはグルジアの東西輸送道路を閉鎖したので、食料も運べない状態だ。

●日本の更なる支援を期待

日本政府はここ2年間グルジアを支援している。ロシアによる主権国家への侵略を米・EUとともに止めることを願う。復興プロジェクトにも期待している。日本の人々には、グルジアに対する関心を持ち続けてほしい。

*************
大使は、冷静な語り口ながらロシアの横暴許すまじという姿勢をあらわにしておられた。
今後は、8月22日までに撤退するとしたロシアの約束がどこまで守られるかが注目されるところでしょうか。

【追記】
・8月29日、グルジアはロシアとの外交関係を断絶することを発表。国際機関の努力による事態収拾は困難になったと伝えられている。
・これまでの報道によれば、南オセチアが先に攻撃したという記事は見当たらない。ロシア部隊の動きにグルジアが煽られた(ロシアに挑発された)という見解が多い。
・8月28日のCNNの報道によれば、プーチン首相は「米国陰謀説」を唱えている。
・スラブ研究センター研究員の見解はこちら

[PR]
by itsumohappy | 2008-08-21 22:48 | ロシア | Comments(2)
Commented by prncespycckaya at 2008-08-28 22:21
いつもはっぴーさん、こんばんは☆日本財団さんってけっこうロシアとの交流もあるんですね。びっくりました。(聖ニコライの日記の出版事業の助成など)また、マチャワリアニ初代駐日グルジア大使は7月にも講演を日本財団さんで行っているようでした。
Commented by itsumohappy at 2008-08-29 00:19
ミーシャさん☆こんばんは
ニコライ日記も助成しているんですかー。
そうそう大使も話しておられました、ひと月前に来たばかりなのに・・みたいに。事件!が起きたときは、トビリシ?の別荘に行くところだったそうです。
<< 常岡浩介 『ロシア 語られない... 最近の話題から >>