人気ブログランキング |

オレンジ・プリンセスの髪

d0007923_1323379.jpg2004年、ウクライナの「オレンジ革命」を支援し、同国で最初の女性首相となったユリア・ティモシェンコ氏(1960年生まれ)。政界入りする前は、エネルギー関係の事業で成功したウクライナのオリガルヒだった。現在、親欧米派野党「ユリア・ティモシェンコ・ブロック」(BYuT)を率いる。

2007年4月に新ロシア派のヤヌコビッチ首相と対立したオレンジ派、ユーシェンコ大統領が議会(一院制)を解散したことを受け、9月30日、前倒し選挙の投票が行われた。BYuTは、99%が開票された10月3日現在、30.81%得票し、大躍進した。ユーシェンコ大統領の「われらのウクライナ」と連立内閣を作る模様。ティモシェンコ氏を首相候補に協議が行われると伝えられている。(2007年10月3日毎日新聞ほか)

2010年の大統領選挙への出馬もささやかれるティモシェンコ氏だが、私が前から気になっているのは、氏のヘアスタイル。ぐりぐりと三つ編みを巻いた頭が印象的すぎて政治家にしてはユニークなイメージだ。オレンジ革命のシンボル的存在として民主的な姿勢をアピールする勝負服ならぬ勝負ヘアとも言うべきあのスタイルは、三つ編みわっかのヘアピースをのっけているのではなく、全部本物の髪でできている。しかし、本当は黒髪らしい。

ウクライナ農民の伝統的なスタイルを意識して自分で発明したもので、毎朝自分で結っている。所要時間は7分。ウクライナのTVで、ほどいて作り直すパフォーマンスが放映されたこともある。髪が話題になるのはいつものことであり、この姿でウクライナが注目されるなら喜ばしいと語っている。氏のサイトは写真満載で、髪が気になる人にも疑問がわかるよう配慮されている(と思う)。
d0007923_138648.jpg

サイドで作った三つ編みを引っ張って巻きつける単純なつくりに一見見えるが、三つ編みの先の処理やほつれないような美しい仕上げにはそれなりのテクニックがありそう。ピンとスプレーを使わないと安定しないかな。(上は10月1日記者会見時の写真:氏のサイトから)

d0007923_1382966.jpg←たまにこういう姿(2007年1月)になると、「鉄の女」的イメージを払拭するためとか政策を変更するためとか周囲から何かと憶測されるらしいが、本人は、「単に変えてみたくなるときもある」だけで、深い意味はないそうです。(右下:エル誌のカバーにも登場(2005年4月))
d0007923_1393817.jpg
by itsumohappy | 2007-10-04 01:54 | その他
<< 最近の話題から ドストエフスキー 『カラマーゾ... >>