ウクライナの卵細工「ピサンカ」

d0007923_0491829.jpg「ピサンカ」とは、ウクライナ伝統の卵細工(イースターエッグ)。卵に小さな穴を開けて中身を出し、ろうを表面に塗って着色料をつけた後、ろうそくであぶって模様を出す。
4、5000年の歴史があるらしい。(2007年3月27日読売新聞)
ピサンカの展示会の案内を見てさっそく今日昼休みに見学した。(銀座ギャラリー:4月1日まで)

作者のヘリホリ・ディチョックさんは両親がウクライナ人。子供の頃から伝統の卵細工を作っていたそうだ。作品に使う色は、赤、黄、黒、青など原色が主体で、金銀などは使わない。星や花など自然のモチーフを幾何学的なデザインにしている。民族調で明るく暖かみのあるイメージだ。ダチョウ、ニワトリ、ウズラの卵作品が出展されていた。大きくても小さくても相当な手間がかかる感じ。

以下、ギャラリーにおられたディチョックさんご夫妻にお話を伺ったところ――

縦20cm位のダチョウの卵の場合、完成までに2ヶ月くらい。肩もこるし、目、手も痛い。模様付けの途中で失敗したら最初からやり直しです。ウズラは殻が薄く、穴を開けた時点でだめになるものもある。殻の模様は漂白して消します。伝統的な文様は単純で(写真の上のほうの卵参照)、ウクライナの中でも地域によって多少異なり、山の多い西部は黒など暗めの色、ステップ(草原)のある中央部は緑色を多く使います。作品には、伝統の文様をベースに、より複雑な模様を描いています。殻を強化するために、表面に何か塗ったり中に詰めものなどはしないので、普通に壊れます。

―とのこと。細密画のような文様は、大変な集中力が要りそうだ。
(今年の復活祭は正教、カトリックともに4月8日。)

************

d0007923_0514258.jpgロシアの皇帝は、イースターエッグを金銀宝石で作らせた。クレムリンの武器庫に、金細工師ファベルジェが、王室のために作った華麗な作品が展示されている。
今、江戸博の特別展で一部紹介されているもよう。

下は最も有名と言われるファベルジェのイースターエッグ「戴冠式」(フォーブスコレクション)。ファベルジェのエッグにはサプライズというか仕掛けがあり、この作品のモチーフであるニコライ2世の戴冠式用馬車の中にはダイヤが隠されているそうだ。
ファベルジェの子孫も作品を作っている。
d0007923_0523512.jpg

[PR]
by itsumohappy | 2007-03-28 01:05 | その他 | Comments(2)
Commented by azu-sh at 2007-04-05 16:25
ピサンカ、きれいですね。ひとつほしいなぁ。これ復活祭用に発展したんですか。ロシアでもイースターには「たまご」や「うさぎ」なんでしょうか。なんだか不思議です。ロシアはクリスマスも他とは違いますもんね。昨日久しぶりにロシア語をしゃべっている夢を見ました。(夢の中ならしゃべれる…笑)
Commented by itsumohappy at 2007-04-08 10:46
ウクライナがイースターエッグの発祥地!と紹介されていました。向こうのメディアの写真を見ると、筒型のパンケーキにろうそくさして周りに卵・・のものが多く、うさぎの姿は見かけませんねぇ  今日は、東西の復活祭のほか、潅仏会でもあって、何かおめでたい日です。

あづさまは、いろんな語学ができてうらやましいです!ロシア語、またTVテキストを買いましたが、いつまでついていかれるか。。。
<< ドストエフスキー 『貧しき人々... 東西教会の和解は遠く >>