ドン・コサック合唱団来日

d0007923_2374471.jpg1936年創立の民族舞踊・合唱団が、今年のロシア文化フェスティバルの一環で来日した。12月にかけて全国をまわる。19日中野サンプラザでの公演を見た。
コーラス30名、ダンサー20名、楽団15名の編成。朗々と響く物悲しいメロディーがなんともロシアらしい。コサック・ダンスというと、腰を低くして足を交互につっぱるあの独特のダンス。洗練されない感じが持ち味か? いろんな体型の人たちがいたが、男性はおなかぽっこりの人も多く、服装といいスターリンのバリエーションのようだった。

ダンスと合唱の合間にバラライカとバヤン(アコーディオンみたいの)のデュエットがあり、これが津軽三味線を彷彿させるような情感に溢れていてよかった。いろいろな民族衣装もカラフルで見ていて楽しい。

************

ドンは、「首領」ではなく「ドン河」のこと。「コサック(カザーク)」は、トルコ系民族の言葉で「自由な人」という意味。15世紀後半ごろから逃亡農奴や都市民、没落貴族らが南ロシアからカフカス(コーカサス)にかけて移動し作った集団である。ドン河やその支流にコサック軍団が組織され、漁業や狩猟、時には周辺地域での略奪などを行っていた。
ロシア政府から一定の自治権を与えられ、辺境地域の守備やトルコやポーランドとの戦争に動員された。ドン・コサックの英雄?は、ステンカ・ラージン。1670年大規模な反乱を起こしたが、翌年ロシア政府軍にとらえられ、赤の広場で処刑された。
[PR]
by itsumohappy | 2006-11-21 23:11 | ロシア | Comments(5)
Commented by すみれ at 2006-11-22 18:27 x
ステンカ・ラージンという歌を中学校で習ったのを思い出しました。
当時、ロシアの民俗音楽と言うことで紹介されていました。
そして、アロハ・オエがハワイ版と続いていました。
現在の中学校ではどんな歌を歌っているのでしょうかね?
すっかり忘れていました。
Commented by japolska at 2006-11-23 00:03
体の堅い私にとって、写真の男性の見事な開脚に思わず感動です。
Commented by itsumohappy at 2006-11-23 22:49
>すみれさま
演目にステンカ・ラージンもちゃんと入っていました。私が学校で習ったのはカリンカとかトロイカくらいかなぁ ロシア民謡は日本人の感性に合う気がします。
>japolskaさま
いやーわりと太目といってもいいような体型の人が多かったですが、飛んだり跳ねたりしてましたよー。 無事入国おめでとうございます、ケンタッキー・・あったかそうでいいですね 
Commented by ゆり at 2006-12-17 21:50 x
初めまして。この公演、観ました!私の席は一番安い席で2階席の後ろの方でしたが、それでも合唱団の世界観や雰囲気を十分堪能しました。家に帰ってコサックダンスの真似事を試みましたが、片足で腰を落とすことすら出来ませんでした(笑)
Commented by itsumohappy at 2006-12-17 23:49
はじめまして!実は、私もやってみました。いえ、体勢だけでもと思ってしゃがんでから足を出そうにも足上がらないし、全然動けませんでした。そうとう力要りますよね、あれ。
<< プーチニズムの闇 J・リード 『世界をゆるがした... >>