ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 26日

ナボコフ 『ロリータ』

d0007923_0122061.jpg『ロリータ』は、亡命ロシア人作家ナボコフが1955年に英語で発表した小説。日本では59年に出版された。05年出版の新訳(新潮社)を読んだ。
「ロリータ」という言葉に対するイメージは人それぞれだろうが、本家本元のこの小説に登場するロリータは、“ニンフェット”として主人公ハンバート・ハンバートに崇められて?はいても現実にはすれっからしで頭からっぽの女の子として描かれている。ハンバートはこのニンフェットの虜となるが、土壇場に来てその永遠なる所有が果たせず、自滅の道をたどる。

今読んでもそれなりにインパクトがあるこの小説、半世紀前はさぞかしセンセーショナルだったろう。ハンバートの妄想など心理状態が読みどころだろうか。ただ主人公に感情移入ができないので、小説の世界に入っていけず、共感できない(従って感動できない)のが難である。あくまで私の場合だが。しかし、この小説が、単なる「少女を愛する変態中年男の話」であれば50年も生き残れない。
ハンバートとロリータは即ちヨーロッパの伝統文化とアメリカの低俗社会とも読めるのだが、そのヨーロッパの教養はペダンチックに走りすぎて喜劇がかっており、蠱惑的な少女に振り回されるハンバートは滑稽で哀しいキャラクターだ。物語の展開はあっさりしているようでいながら実は計算されている。実際は悲劇かもしれない。ナボコフの深い教養も垣間見えるユニークな小説。万人にお勧めするものではないが、一読の価値はあると思う。

「あとがき」に小説の日付のある食い違いが、ナボコフが巧みに意図したものか単なるミスかで小説ががらっと変わる、と説明がある。もちろん、ナボコフの仕掛けだと思った方が面白いのだが・・・。(詳しくは読後にご参照下さい。)

d0007923_0171524.jpg
ナボコフが18年間住んだペテルブルクの家。現在ナボコフ博物館となっている。

************
d0007923_0154214.jpgウラジミール・ナボコフ(1899-1977)
ペテルブルクの富裕な貴族の家に生まれる。父親は政治家で弁護士だった。ロシア革命後亡命し、ベルリンやパリで暮らした。ケンブリッジ大学を卒業。40年に渡米、コーネル大学でロシア文学を講義。『ロリータ』出版後は文筆活動と趣味の蝶の採集に専念。スイスで死去。
『ロリータ』は2度映画化されている。
  キューブリック版「ロリータ」(右)d0007923_0175287.jpg

 
[PR]

by itsumohappy | 2006-06-26 00:11 | 文学・本


<< 皇帝一家の最期      サミット会場 コンスタンチン宮殿 >>