『ロシア極東 秘境を歩く ―北千島・サハリン・オホーツク』

d0007923_15554130.jpg相原秀起著(2016年) 著者は、北海道新聞記者。かつての日本領で戦争の痕跡などを訪ね歩く記録である。

北千島(ウルップ以北、シュムシュ島までの島々)は、大小の湖沼群、無数の高山植物に恵まれ、日本領だったら国立公園間違いなしという「この世の天国」らしい。300mくらいで森林限界という寒冷地だ。

シュムシュ島方面にはカムチャッカ半島からヘリかフェリーで行く。国境地帯のため国境警備隊の許可が必要である。終戦後の1945年8月17日深夜、シュムシュ島にソ連軍が上陸し、翌18日、四嶺山での日本軍との激戦で、両軍の戦死者は3千名を超えた。22日、停戦文書に調印後、ソ連は、南千島占領作戦に転換し、28日に択捉島に上陸した。今でもシュムシュ島には戦闘機の残骸やトーチカ、飛行場の跡などが残っている。

著者は、シュムシュ島での戦闘のあとを見るべく、兄弟分の通訳ジェーニャの協力のもと、上陸を目指すがなかなか許可が下りない。その場その場で知り合った現地の人々の人脈を手繰りながら何とか上陸に成功。予定通りに物事が進まず、現場に行ってみて解決策を考えるのがロシア取材の面白さだそうだ。

続いて著者はパラムシル島も訪問。中・北千島のうちで住民が住んでいる島である。見捨てられた感のある島で、現地の人から、日本政府は、北千島もロシア政府に返還要求してくれないかと言われる。領土問題を背景に、開発事業へ国費が投入されている色丹、国後、択捉の行政府に複雑な感情を抱いているとある。

サハリンを訪れた際は、北緯50度線の国境の町、安別で日露国境の標石を探索している。
サハリンでは、1945年8月11日からの戦闘で、約1500人の日露の兵士、4000人以上の日本人住民が犠牲となった。

d0007923_1555057.jpg

樺太日露国境の標石(「天測境界標第二號」<根室市歴史と自然の資料館所蔵>)。
日本側とロシア側を示す。かつてロシアの民間人が所有していたが、1997年、根室市の有志の依頼により根室市に寄贈された。


地名等詳細は伏せられているが、著者が、人づてに、当時の標石を隠し持っているロシア人に接触し、日本のしかるべき機関に寄贈してもらうよう、1997年のいきさつも引きながら説得し、了解を得たことが記されている。

オホーツクの章では、大黒屋光太夫の足跡の一部をたどる。光太夫は漂着したアリューシャンのアムチトカ島からオホーツク、ヤクーツクなどを経てペテルブルグまで移動し、1791年、エカテリーナ2世に帰国を願い出た。
オホーツクでは、1920年代に夏、日本人がサケマス工場に出稼ぎに来ていたという。
ヤクーツクは、冬はマイナス50度にもなる極寒の地。それでも地球温暖化の影響でマンモスが出土しやすくなっているようだ。ヤクーツクで出土する石器が北海道の物と酷似しているというのは興味深い。
[PR]
by itsumohappy | 2017-11-28 18:57 | 文学・本 | Comments(0)
シベリア抑留された「元日本兵」 >>