ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 26日

北方領土問題(2)対日講和条約の規定と千島の範囲

d0007923_16301374.jpg


対日講和条約の発効(1952年4月)で日本は独立を回復した。同条約が締結された講和会議(1951年9月)にはソ連も含む52カ国が出席したが、講和条約に調印したのは49カ国。ソ連は調印を拒否した共産圏3国のひとつだった。

d0007923_16303773.jpg



対日講和条約の「第2章 領域」第2条(C)は、
「日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。」と規定。しかし、この放棄したところを日本にかわってどの国が領有するのか規定されなかった。

千島列島・南樺太をロシアが「領有」している根拠はない、という意味で、先の地理院地図の赤丸部分が点線なのだ。そして、同地図の青丸部分の点線は、未画定(或いは領土問題を抱える)の箇所である(もうひとつの領土問題は竹島)。

講和条約では千島列島の範囲も示されなかった。同条約作成に携わったダレス米国務長官顧問は法律家だったのにもかかわらず、なぜそのような曖昧さを残したのでしょう。
(続く)
[PR]

by itsumohappy | 2015-07-26 16:34 | 歴史・領土問題 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 24日

北方領土問題(1)北方領土とは

日露関係の最大の懸案である北方領土問題について、当ブログでいくつか書きましたが(「歴史・領土問題」カテゴリご参照)戦後70年目の節目を迎える今夏、あらためてごくごく簡単に、黄色の囲み部分を見るだけでもあらましがわかるように記したいと思います。   

d0007923_2395145.jpg



北方領土問題って何?という疑問に対して外務省は、「日本の領土をめぐる情勢」ページにある「北方領土」のなかで懇切丁寧に紹介している。これを端からじっくりと読めばよいのだが、よほど時間と関心のある方々は別として、正直あまりそんな気が起きない。この問題はやはり政策課題としては優先順位が高いとは言えない。
今、教育現場でどれだけ教えられているかわからないが、北方領土ってどこでしょう。

d0007923_23131642.jpg

上は、今日の「ウェザーニュース」の「全国の天気」。うす緑色の地が「全国」である。北方領土は黄色い円で囲った島々(歯舞〈群島〉、色丹、国後、択捉)で、沖縄県より大きい島もある。ロシアは、これら四島を不法占拠中である。

d0007923_23135524.jpg



日本の領土は、対日講和条約(サンフランシスコ平和条約。1952年4月発効)により、法的に確定された。では戦前の日本の領土で北の部分はどうなっていたか。

d0007923_23574655.jpg

これは国土地理院の地図。赤丸部分の点線が、かつてのソ連(ロシア)との国境である。でも、どうして現在もこの点線が引いたままなのでしょう。
(続く)
[PR]

by itsumohappy | 2015-07-24 23:24 | 歴史・領土問題 | Trackback | Comments(0)