ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

ピロシキ作り

モスクワとサンクトペテルブルクに旅行した際、食事のときに出てきたパンは黒パンが主体で揚げパンの類は出てこなかった。出店で買ったピロシキは焼いたものだった。私の住む横浜付近では、ピロシキというと必ずといっていいほど中味がひき肉の揚げパン。これはちょっともたれる感じ。普通の焼きピロシキ(というのか)のほうが食べやすい。家で作ると熱々でおいしいです。

【作り方】
(パン生地)(約15個分)
強力粉:300g
ドライイースト:小さじ1
牛乳:200㏄
砂糖:大さじ2
塩:小さじ1/2
溶き卵:1個分&つやだし用に少々
バター:20g

(具)
キャベツの炒め物+ゆで卵
ひき肉と玉ねぎの炒め物
りんごの砂糖煮
塩・コショウ

1.牛乳、バターを室温に戻しておく。バター以外を混ぜ合わせ、ある程度混ざったらバターを入れてこねる
2.パン生地をまとめてラップに包み、温めておいたオーブンの中に1時間位入れて休ませる
d0007923_192772.jpg
d0007923_1924453.jpg

3.その間に具の準備。量は適当。ひき肉の場合、肉160g+中玉ねぎ1/4使いました。
強火で調理し、塩・コショウの味付けはややきつめがいいです。
d0007923_1931446.jpg

4.パン生地をピンポン玉に丸め、麺棒でのばし具を包む。中身によって形を変えるとわかりやすい
d0007923_1942498.jpg

5.天板に油を塗ったオーブンシートを敷き、ピロシキにぬれふきんをかぶせ、温かいオーブンの中にまた入れて約20分休ませる
6.溶き卵をピロシキの表面に塗り、200度で10分強焼く。

d0007923_1945688.jpg

具は、好きなもの何でもいいと思います。マッシュポテトやキノコの炒め物もよく使われるそうです。パン生地はあまりこねなかったので固めに仕上がりました。
d0007923_1951593.jpg

ひき肉をいためる時に小麦粉を入れるとまとまりやすいかも。
オーブンの調子がわるく、また2回に分けて使ったので2時間位かかってしまった(--) 
ピロシキはロシアではおにぎりのような存在らしいですが、おにぎりのほうがよほど素早くできますね。
[PR]

by itsumohappy | 2009-12-31 19:12 | その他 | Trackback | Comments(6)