ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 28日

ドストエフスキー 『カラマーゾフの兄弟』

d0007923_07309.jpgドストエフスキーの未完の大作。この亀山郁夫先生による新訳は、出版した光文社によれば9月6日現在、36万9千部を突破した。何か売れるきっかけがあったわけでもなく、第1巻から突出して売れ始めたが、その理由は不明だそうだ。
おそらく、現在、読み易い小説(簡単に読めても後に何も残らない小説)は次々と出版されるが、読み応えのある小説に出あうのが難しいので、古典を選ぶためだろうか。少なくとも私の場合はそうだ。限られた時間のなかでは、確固たる地位を確立したとされる小説を選択するほうがはずれがない気がするのだ。ただ、ドストエフスキーは、トルストイやチェーホフと違って何だか重く、そう気軽に始められないが。

私が以前読んだカラマーゾフは原卓也先生訳のものだったと思う。なかなか読み進められず大変だった記憶はあるが、内容はほとんど忘れてしまっていた。今回の新訳は、はじめて「挑戦」する人でも心理的な負担が軽くなるよう?活字は大きく、行間はゆったりしている。亀山先生の詳しい解題がつくが、全5冊で文庫にしては値段が高く、1冊平均単価は800円を超える。表紙は、従来の訳本のように作家のいかめしい顔をあしらうようなものではなく、ポップなイラストが描かれて、書店で何となく手にとってみたくなる装丁だ。

この度の翻訳は、評判どおり言葉が自然に流れていて、理解しやすい。ドストエフスキーに限らず、外国の古典文学の翻訳は日本語の流れが不自然で読みにくいときがある。登場人物の名前ひとつにしても、先生によれば、名前を忠実に訳出するとページによっては3分の1を名前が占めてしまうので、表記を工夫したらしい。同じ人物の名前が姓、名、父称、愛称とりまぜて出てくるロシア文学は、この名前の問題で読むのにけっこうつまづくのだ。
各巻のしおりに主要な登場人物が書いてあるのも良い。

各巻あとがきに、内容と対応する形で、農奴解放後の当時の社会・宗教・歴史的背景が解説されている。文学上の表現についても、シラーやゲーテの作品を踏まえた部分など説明が詳しくありがたい。

作品の読みどころは、人間描写だろうか。ストーリーに魅かれるという人も多いだろう。「神」の問題も外せないだろうし。ルーレット賭博に狂いすさまじい浪費癖のあったというドストエフスキーならではの「金」を巡る描写も同様。
作家が描く、人の負の面、即ち、憎しみ、怒り、妬み等々に突き動かされた人間の狂乱状態にはうちのめされてしまう。ミーチャの大宴会シーンなどちょっとおそろしいくらい。次々に登場する、常軌を逸したというかビョーキの人物たちがリアル。時代は19世紀でも人間の持つ多面性というか複雑な心のありようは現代と変わらない。
以前読んだときは、アリョーシャが絶対の善に見えた記憶があったが、善には違いなくとも迷いや脆さを抱えているのが感じられた。

『カラマーゾフの兄弟』は作家の死で「第二の小説」が書かれぬまま終わったが、その主題は「皇帝暗殺」だった。亀山先生は、暗殺者をアリョーシャではなく、長じて革命家になったであろうコーリャ・クラソートキンと見ている。確かに読んでいてそのほうが自然だと思える。

1,2度読んだくらいではこの小説の完全理解は多分不可能。先生の解説には自伝層とかポリフォニーとかいろいろ書いてあるが、難しいことは抜きに、まずはひたすら読み進め、年代相応にドストエフスキーの世界に浸れればいいのだと思う。

亀山先生は、現在『罪と罰』を翻訳中。出版は来年夏の予定だそうだ。
[PR]

by itsumohappy | 2007-09-28 00:19 | 文学・本 | Trackback | Comments(4)
2007年 09月 20日

最近の話題から

最近の報道からロシアに関する記事を紹介します。

●ダニーロフ寺院の鐘の返還

d0007923_0342342.jpgハーバード大学に渡っていたモスクワのダニーロフ修道院の鐘18個が同修道院に返還されることとなり、このうちひとつ(左)が9月12日、76年ぶりに戻り祝賀式が行われた。

ダニーロフ修道院(下)は、13世紀にアレクサンドル・ネフスキーの息子ダニール・モスコフスキー(最初のモスクワ大公)によって造られ、モスクワ最古と言われている。アレクシー二世総主教の公邸があり、ロシア正教会(モスクワ総主教庁)の本部が置かれ、格式の高い修道院である。
d0007923_036139.jpg

同修道院はロシア革命後、反宗教政策による迫害を受け、スターリン時代の1930年に閉鎖された。17~18世紀頃制作された18個の鐘は、溶かされる直前に裕福な米国人事業家・慈善家クレーン氏により鉄くず同然の値段で買い取られ、ハーバード大学に寄付された。

1983年の修道院再開後から鐘の返還交渉は始まり、約20年間に及んだ。この度、レプリカの鐘を制作することでハーバード側と合意。今後1年かけて残りの鐘がロシアへ移送される。
この返還事業は、石油・金属関係の企業家ベクセルベルク氏(2004年にフォーブズコレクションのファベルジェ・イースターエッグを1億ドルで競り落としたことで有名)の資金援助により可能となった。
【7月26日朝日新聞、9月13日東京新聞、モスクワタイムズ、ハーバード大学のサイトより】

●ロシア富豪、ロストロポーヴィチ夫妻の美術品を一括買い取り
これもオリガルヒ(新興財閥)関係の話題。
9月18~19日、ロンドンのサザビーズで、2007年4月に死去したチェリスト、ロストロポーヴィチ氏とヴィシネフスカヤ夫人が所蔵していた18~20世紀のロシア美術コレクション450点が競売される予定であったが、競売日前日に中止された。目玉オークションが中止になるのは異例。

オークションのハイライトのひとつだった
グリゴーリエフ作「ロシアの顔」

d0007923_0415643.jpg美術品は、金属事業で財をなしたロシアの富豪で、ガスプロム系の投資会社代表などを務めるウスマノフ氏が全て購入した。サザビーズは額を明らかにしていないが、落札予想総価格を大幅に上回る約4000万ドルを費やしたと伝えられている。

夫妻のコレクションは、まだロシア美術品が現在のように高騰しない頃の約30年前から収集し続けたもので、エカテリーナ女帝が所有していた陶磁器、レーピン等の絵画、家具、ガラス工芸品等からなる。

幻となったオークションのカタログ
d0007923_0422493.jpgウスマノフ氏は、このコレクションをロシアにあるべきロシア美術と語り、政府に寄贈する意向と言われる。展示のための新しい美術館がモスクワにできる可能性もあるとのこと。

美術品は、ロストロポーヴィチ氏の生前より売却する計画ではあったが、氏の死後、ヴィシネフスカヤ夫人は、音楽や社会活動のかたわらコレクションを維持するのがより困難となり、手放すことになった。
【9月18日ガーディアン、9月14、18日モスクワタイムズより】



●ドストエフスキー「罪と罰」がTVドラマ化
「罪と罰」がロシアで初めてTVドラマ化され、この秋、ロシア全土で放映される予定。

   「罪と罰」の舞台のひとつ、グリボエードフ運河にかかるコクーシュキン橋
d0007923_0435683.jpg

ドラマ化した映画監督スベトザロフ氏によれば、制作にあたり、ドストエフスキーの研究書等を通じ作家の意図を丹念に探り、服装、言葉に至るまで原作の忠実な再現を目指したとのこと。
8回シリーズのTVドラマの他、映画版も制作された。プロデューサーのシグレ氏は、日本での公開に意欲的だそうだ。
 
ラスコーリニコフ役のコシェヴォイさんとソーニャ役の
フィロネンコさん(プロラインフィルムより)
d0007923_0445351.jpg
【8月19日北海道新聞、プロラインフィルムのサイトより】
[PR]

by itsumohappy | 2007-09-20 01:02 | ロシア | Trackback | Comments(2)
2007年 09月 14日

ウクライナ国立歌劇場 「エフゲニー・オネーギン」

タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立歌劇場オペラ(キエフ・オペラ)「エフゲニー・オネーギン」の感想です。(9月11日 新国立オペラ劇場)

d0007923_2344228.jpg約130年の歴史を持つウクライナ歌劇場(右下)は、ソ連時代、ボリショイ、キーロフとともに3大歌劇場のひとつに数えられたそうだ。(タラス・シェフチェンコは、19世紀のウクライナの詩人、画家)

オペラは、大昔、旅行先で見たことがあるだけで、国内で見るのははじめて。年中いろんな劇場のオペラが来日公演しているが、自分にはどうも高尚で、値段の分だけ楽しめないと思い行ったことがなかった。今回は、プーシキンの韻文小説(物語詩みたいな感じ)「エフゲニー・オネーギン」が好きなので出かけてみた。


ウクライナ歌劇場は、それなりの歴史・実力を持つとはいえ、一般に名の知れた歌手が出演しないせいか来日オペラの公演としては値段的に安いほうだろう。それでもC席11,000円。4階2列目中央。中央は全体が見渡せ、首や体が痛くならなくてよいが、やっぱり舞台から遠い。箱の中で人が動いている感じ。
d0007923_23423722.jpg平日6時開演はかなりきついので、行かれない場合も考えてそんなに高い席は買えない。劇場にどたばたかけこんで疲れてしまい、寝てしまうかも?と思ったが、全くそんなことはなく、じっくり鑑賞した。

タイトルはオネーギンでも、このオペラではオネーギンの存在はまぁどうでもよくて、聴きどころは「手紙の場」のタチヤーナのアリアと決闘前のレンスキーのアリア。
オネーギンの歌手は遠目にはちょっとへんなおじさんで、もうひとつらしくなかったが、それ以外の主要出演者は、イメージどおり。レンスキーがドラマチックで盛り上げた。オネーギンより若いレンスキー(確か原作では18,9才の設定)がテノール。タチヤーナの歌手も熱く、そして毅然と演じていてとてもよかった。
チャイコフスキーは「手紙の場」から作曲したそうだ。タチヤーナに強い思いが込められたオペラなのだろう。

舞台装置はどちらかと言えば簡素。色彩も白系でまとめていて品があった。3幕はじめの舞踏会のシーンでもかなり落ち着いた印象。ご当地のお家芸だからなのか、この作品だからなのかはわからないが、オネーギンは観ていて疲れないさっぱりしたオペラだ。

オーケストラを、タチヤーナの半分くらいしかないような小柄な女性が指揮していた。端正な演奏で、4階まで柔らかく響いていた。


************
せっかく行くからには、と予習のためCD、それもロシアの楽団のものを買おうと思っても適当なのを見つけられなかったが、ちょうどオークションにボリショイのがあったので600円で購入。聴くだけではアリア以外のところのシーンが何だかよくわからないのだが、それでも予習しておいてよかった。

d0007923_23444075.jpg
「エフゲニー・オネーギン」
○ハイキン指揮/ボリショイ歌劇場管弦楽団・合唱団
○ヴィシネフスカヤ(タチヤーナ)、ベロフ(オネーギン)、レメシェフ(レンスキー)
○メロディア (1955年モノラル録音のステレオ化CD) 
[PR]

by itsumohappy | 2007-09-14 23:56 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
2007年 09月 05日

マリインスキー・バレエ&ボリショイ・バレエ合同ガラ公演

ロシア文化フェスティバル2007の行事の一環として行われたバレエ公演の感想です。(Bプログラム・9月2日/新国立オペラ劇場)

d0007923_23384550.jpg男女ペアが次々に登場するガラ公演だが、マリインスキー組とボリショイ組が入り乱れて踊るのではなく、前半、後半ときっちり別れてやっていた。バックに「その他大勢」がいないため舞台がちょっとさみしい。バレエは、1年に1,2度行くか行かないかという私にとって、たまに行く時は全幕ものばかりなのでよけいそう感じたのかも。いや、もっと良い席で観ればじっくり鑑賞できるでしょうが。今回、バレエに詳しくない自分としてはがんばったほう(B席14,000円:2階後方やや中央寄り)だが、それでも舞台まで遠いなぁと感じた。公演が始まってから気がついたが、席が暗いので手元の配役表が見えず、次の演目が何か、誰が踊るのか(たとえ知らない名前でも)わからないのは落ち着かないものだ。イヤホンガイドがあったのは終わってからわかった。
演目は以下の通り。

★マリインスキー・バレエ
 1.アルレキナーダ (エフゲーニヤ・オブラスツォーワ/アントン・コールサコフ) 
 2.病める薔薇 (ウリヤーナ・ロパートキナ/イワン・コズロフ) 
 3.眠れる森の美女/第3幕のパ・ド・ドゥ (アリーナ・ソーモワ/アンドリアン・ファジェーエフ)
 4.ジゼル/第2幕のパ・ド・ドゥ (オレシア・ノーヴィコワ/ウラジーミル・シクリャローフ) 
 5.イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド/アダージョ (イリーナ・ゴールプ/
   イーゴリ・コールプ) 
 6.タリスマン/パ・ド・ドゥ (エカテリーナ・オスモールキナ/ミハイル・ロブーヒン) 
 7.瀕死の白鳥 (ウリヤーナ・ロパートキナ) 
 8.海賊/第2幕のパ・ド・ドゥ (ヴィクトリア・テリョーシキナ/レオニード・サラファーノフ)

★ボリショイ・バレエ
 9.ばらの精 (ニーナ・カプツォーワ/イワン・ワシーリエフ) 
10.ライモンダ/第2幕のアダージョ (ネッリ・コバヒーゼ/アルテム・シュピレフスキー)
11.白鳥の湖/第3幕の黒鳥のパ・ド・ドゥ(エカテリーナ・クリサノワ/ドミートリー・グダーノフ)
12.スパルタクス/第3幕のパ・ド・ドゥ (スヴェトラーナ・ルンキナ/ルスラン・スクヴォルツォフ)  
13.ミドル・デュエット (ナターリヤ・オシポワ/アンドレイ・メルクーリエフ) 
14.ドン・キホーテ/第3幕のパ・ド・ドゥ (マリーヤ・アレクサンドロワ/セルゲイ・フィーリン)


可能な限りの身体表現の妙で、ロシアの伝統芸能ここにありという感じだった。ダンサーの個性は実にいろいろで、腺病質系もいれば体育会系もいる。どちらのタイプもよい。

d0007923_23555828.jpg2演目に出たロパートキナ(右)の体(腕)の線のゆらめきはひたすら美しい。ただ立って腕をさっと動かすだけでも絵になる、存在そのものが芸術のよう。まさに「瀕死の白鳥」がぴったり。「病める薔薇」にも見入ってしまったが、前衛音楽でもないのに(マーラー5番)、何故かオーケストラを使わずくぐもったテープ演奏。で、最後、ぶちん。とか言ってストップ音が聞こえてしまうロシア的鷹揚さ?が雰囲気を壊してやや残念だった。

体育会系の女性といえば、アレクサンドロワ(上の写真)。死んだり病んだりは似合わない、がっちり健康美で力強く頼もしく、ロパートキナとは別な意味で存在感たっぷり。来年末予定のボリショイ来日公演ではアレクサンドロワが出演するドン・キホーテをぜひ観よう!と思った。
体育会系男性はロブーヒン。際立って体格よく、とりゃーという感じで飛び跳ねていた。
総じて女性も男性もよく回りよく跳んでいた。きれいに踊っていてもあまり印象に残らない方もいたが、一体何が違うのだろう。

ペアで踊ると女性のほうに目が行ってしまって男性ダンサーをあまりよく見ていなかった。それでも金髪王子様系、シャープなモダン系、伊達男系、若さはじける系などいろいろあるものだ。コンテンポラリーダンスもよかった。「イン・ザ・ミドル・・・」は面白かったがとりわけ短くてダンサーの個性がよくわからなかった。

ロパートキナのほかにカーテンコールを多く浴びていたのは「海賊」「スパルタカス」「ドン・キホーテ」の出演ダンサー。でもサラファーノフは、去年の来日公演で見たときのほうがもっと跳んでいた。あと、クリサノワの黒鳥がずいぶん回転技を見せてくれて印象に残った。
ラストは、出演者が入れかわり立ちかわり舞台に登場したあと、勢ぞろい。紙テープを浴びて華やかに終わった。

主催者によれば、この合同公演は、10月5日夜NHK教育TVでダイジェスト放映される予定です。
[PR]

by itsumohappy | 2007-09-05 00:23 | その他 | Trackback | Comments(4)