ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 31日

元シベリア抑留者補償問題の幕引き

2006年12月15日、元シベリア抑留者に対する慰藉事業等を行う平和祈念事業特別基金を解散する内容の「独立行政法人平和祈念事業特別基金等に関する法律の廃止等に関する法律案」(自由民主党及び公明党提出)が成立した。同基金は、常勤役員が天下りポストになっていることなど、以前から非効率性が指摘されており、国の進める独立行政法人改革の一環として廃止されることとなった。

今後、慰藉事業に関しては、基金の資本金400億円の半分が元抑留者への慰労品に充てられる。その慰労品とは、銀杯や本人に限り利用できる10万円相当の旅行券(或いは食事券など)の予定である。
今回の与党法案提出者は、この措置で戦後処理問題は最終決着である旨表明した。

一方、民主、共産、社民党も基金の解散法案に加え、資本金をもとに、元抑留者に対し抑留期間に応じて30万円から200万円の特別給付金を支給する法案を提出していたが否決された。
シベリア抑留者の強制労働に対する補償については、ソ連への請求権は56年の日ソ共同宣言で放棄され、日本政府への補償要求も最高裁(97年3月13日)で退けられている。

元抑留者の平均年齢は84歳。「零下30度の世界を若い政治家は知らない、むなしい」「つらかった、ひもじかった、だけで終わるのでは死んでも死にきれない」「80過ぎた年寄りにどこへ(旅行に)行けというのか」等々生存者たちは語った。

国は、もともと強制抑留者問題、恩給欠格者問題に関しては、「これ以上措置すべきものはない」(戦後処理問題懇談会が1984年に出した結論)という立場を示している。また、「補償」として現金や国債を交付することは、死亡者の遺族にもそれらを提供しないと財産権上憲法違反になるという。生存者に限り使えるものとして、長年の検討の結果が「旅行券」らしいのだが。もう少し何とかならないものだろうか。

(12月8日 東京新聞、14日 読売新聞、15日 朝日新聞より)
前記事

************
d0007923_2258597.jpg1956年7月、経済白書には「もはや戦後ではない」と表記されたが、最後の引き揚げ船でシベリア抑留者が帰国したのは、日ソ共同宣言による戦争状態の終結・国交回復直後の同年12月である。
写真は、1956年12月26日の朝日新聞。
【左】 26日、舞鶴港に入港した引き揚げ船「興安丸」で帰国した抑留者たち。



d0007923_22595314.jpg
【上】氷伝いに興安丸を追って助け上げられた犬「クマ」の記事。収容所で飼われ可愛がられていた。規則で船に乗せられず、港に置き去りにされたところ海に飛び込んだ。

d0007923_230276.jpg【左】 イワノヴォ収容所で帰国前に病死した(とされる)近衛文隆氏(自決した近衛文麿元首相の長男)の遺品を受け取る正子夫人。
[PR]

by itsumohappy | 2006-12-31 20:55 | 歴史・領土問題 | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 31日

事件のその後

以前書いた記事の補足です。

●「サハリン2」の決着
報道で予測されていたとおりの展開となった。
12月21日、サハリン・エナジー(ロイヤルダッチシェル、三井物産、三菱商事の出資会社)は、株式の50%+1株(74億5千万ドル≒8800億円)をロシア国営企業ガスプロムへ売却することを決定した。これにより、オール外資だった「サハリン2」事業の主導権はガスプロムに移った。
譲渡価格交渉では、ガスプロム側が一時40億ドルを提示したというから厳しかったそうだ。10日しない間に天下の物産、商事のトップは、2回モスクワ入りして交渉を行った。
ロシア政府をバックにしたガスプロム側だったが、日本政府は、「民間企業の交渉を注視する」としてこの問題に不介入の姿勢だった。

サハリン2事業が環境破壊であるとして、損害賠償を起こす構えを見せていたロシア天然資源省は、ガスプロムとサハリン・エナジーとの合意成立後、「ガスプロムは環境問題に適切に対応すると考えている」とし、提訴を見送る考えを示した。・・・なんか日本、なめられているようにみえるんですが。。

さらに、サハリン2事業では、サハリン・エナジーが工事費用を回収した後、収益が一定水準になるまでロシア側は利益を受け取れない仕組みとなっているが、ロシアのメディアによると、3社(シェル、物産、商事)は、事業費全体の約2割に当たる36億ドル(約4300億円)を事業コストとみなさず、ロシアへの利益の補填として負担することとなった。(日本側の公式発表にはない。)

強権的なエネルギー資源管理戦略は、サハリン2だけではなく、旧ソ諸国に対する天然ガス輸出政策にも及んでいる。ロシア政府は、ロシアとの関係が悪化しているグルジア、ベラルーシに価格の大幅値上げを要求し、交渉不調の場合は、昨年のウクライナの場合のように供給を停止すると表明した。その結果、ベラルーシは、昨年と比べ約4倍の要求価格を2倍の額でロシアと折り合い、同国へのガス供給停止は回避された。
(12月22、23、25日 毎日新聞、23・29日 日本経済新聞他より)
(前の記事


●ポロニウム事件
ロシア連邦保安局の元幹部リトビネンコ氏殺害事件の犯人・真相は全く不明である。その後、捜査範囲は英・ロだけでなく、スウェーデン、オーストリア、ドイツ、ギリシャ他に広がった。ポロニウムの痕跡はイギリス国内で10箇所。犯人はポロニウムの扱いに熟知していない者というが、たいていの人はそんなの知らないだろう。
ポロニウムの致死量分は合法的に買えば1000万ドルするそうだ。殺害コストに1億ドル。核施設から持ち出すか闇市場で調達という可能性もあるとのこと。
何にしても舞台装置は壮大かつミステリアスだが、少々わりに合わない気がする。もっと簡単に殺すことも可能だろうに、なぜポロニウム?何らかのメッセージなり意図があるんだろうなぁ。

リトビネンコ氏の著書(共著本:99年にリャザンで起きたアパート爆破事件は、チェチェンのテロリストの犯行ではなく、ロシア政府の自作自演であると暴露した)がハリウッドで映画化の話がある。リトビネンコ氏役に「007:カジノロワイヤル」でニューボンドを演じたダニエル・クレイグの名前があがっているそうだ。
(12月22日 産経新聞、24日The Sunday Timesより)
関連記事

************
d0007923_123788.jpg


イギリス・シェフィールドに最初にできたポーランドレストラン。もちろん事件の前からあります。…今、盛況なんでしょうか。(メニューはこちら


●日本漁船銃撃事件
8月に起きたロシア国境警備隊による根室漁船銃撃事件。拿捕された第31吉進丸の船長は、「越境」操業を認め、罰金刑を受けて帰国したが、帰国した際、「調整規則ライン」上で操業しており、越境はしていないと表明した。
その後、根室海上保安部の調べに対し、「GPSをオフにしていたため、船が流されているうち規則ラインを越えたかもしれない」と認めた。(12月13日 朝日新聞)
しかし、船もGPSのデータもないから証拠がなく、事実確認しようがない。船長は、「中間ライン」は越えていないと説明したそうだ。中間ラインとは北方領土とこちらの中間地点をつないだものだが、正確な位置が示されているわけではない(建前は日本の海域なので)。

その代わり、中間地点よりもやや北海道よりに「北海道海面漁業調整規則」に基づく「調整規則ライン」があり、これを守らなければ法令違反となる。海保の公表している下図にある赤線が、同規則に基づく操業制限区域を示すもの。
d0007923_15435.jpg

船長は、拿捕前に「オホーツクに行く」と話したそうだ。「オホーツク」は、地元漁民にとって貝殻島(北方領土の歯舞諸島のひとつ)付近をさす。
吉進丸が撃たれた前日にもロシアに銃撃された根室の漁船があったという。当事者が否定し、ニュースとならなかったが。(12月22日 読売新聞) この記事を書いた記者は、取材中、どこの漁協の船も中間ラインは越えていると聞かされたそうだ。

ところで、北海道新聞が発表した「あなたが選ぶ道内10大ニュース」で、この漁船銃撃事件は7位。1~3位は、順に「日本ハム日本一」、「佐呂間の竜巻」、「駒苫、夏の甲子園3年連続決勝へ」。6位は、「旭山動物園、夏の入園最多の230万人」だった。

(関連記事
[PR]

by itsumohappy | 2006-12-31 01:31 | その他 | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 12月 24日

レニングラード国立バレエ 「くるみ割り人形」

d0007923_2284371.jpgレニングラード国立バレエ団の公演は、今年1月に「白鳥の湖」を観たので2回目。カード会社の貸切公演の優待(13,000→6,500円)で席をすぐ買ったので、29列目のほぼ正面で見ることができてよかった。東京国際フォーラムは大きすぎるから、あまり遠いと雰囲気が伝わらない。音響はよいのか音楽はとても柔らかく聞こえた。

「くるみ割り人形」ははじめてで、この演出がどの程度のものだったのかよくわからないが、手堅いというか、まぁこんなもんだろうなーと。

主役その他の超絶技巧を次々見せるような話ではなく、様々な美しい衣装の妖精たちの踊りをチャイコフスキーの音楽とともに楽しむ感じでしょうか。ピンクや白の衣装が華やかに舞う様子に、隣の女の子は身を乗り出していた。
d0007923_2291288.jpg
群舞、きれいだなーという印象はあるのだが、主役の印象はあまり強くない。もちろんきれいに踊っているのだが、強烈な印象を残す・残さないの決定的違いってどこにあるのだろう。容姿なのか技なのか・・両方なんだろうな。

************
12月23日 夜公演(東京国際フォーラムA)
d0007923_2293595.jpg
マーシャ:アナスタシア・ロマチェンコワ
王子:アントン・プローム
[PR]

by itsumohappy | 2006-12-24 22:18 | 演劇 | Trackback | Comments(5)
2006年 12月 17日

岩下明裕 『北方領土問題 4でも0でも、2でもなく』

北方領土問題の解決案として、先日、麻生外務大臣は「択捉島の25%と残り3島(国後、色丹、歯舞)をくっつけると、ちょうど50・50(%)ぐらいの比率になる」として、面積を考慮した交渉を視野に入れるべきという認識を示したという。(12月14日北海道新聞)
麻生外相は9月にもこの問題に関し、3島返還という選択肢があることに触れている(9月28日毎日新聞)。北方領土問題は、政治的な決断以外に解決策はなく、領土解決の意欲をみせているプーチン大統領の任期中に何とかしたいという考えがあるらしい。

もはやこの問題で政治決着というのは、何らかの妥協が要求されるということであろうが、08年までの大統領の任期中までに大きく動くとは考えにくい。それとも麻生大臣は相当の覚悟を持って何か具体的な交渉を始めるのだろうか。
日本政府の方針は、「四島の帰属を解決して平和条約を締結する」である。四島の帰属とは当然日本への帰属という前提のもと、粘り強く訴えていくというもの。しかし、もう十分粘り強く訴えてきたのではないか?先も見えないままいつまで粘れるものか?と考える人たちが出てきても不思議ではない。実際、根室市長は、地元経済の疲弊を考えると、歯舞、色丹の2島先行返還を糸口とする交渉を望むという意見を述べている。(6月29日朝日新聞)

d0007923_238384.jpgそういう声もあれば、何十年、何百年かけても4島を取り戻せ、絶対妥協するな式の強硬な論もあるようだ。領土問題はナショナリズムを刺激しやすく、当事者は時には冷静さをなくす。ということで、できるだけ中立的な視点に立って、この北方領土問題の解決への提言を試みたのが本書である。

著者はスラ研(北海道大学スラブ研究センター)の教授で、専門は、ロシア外交、東北アジア地域研究。政治色の濃い(著者曰くまともな学者を目指すならそういう問題は扱わないそうだ)北方領土問題は、これまで意識的に避けてきたそうだ。
この本では、04年10月、沿海州の中ロ国境が、「フィフティ・フィフティ」で係争地を分ける形で解決された画期的事件のあらましと手法を解説し、北方領土問題解決に応用できる可能性を探っている。

四島返還を掲げ続けるなら、その覚悟を一度国民に問うべき時期が来ており、もしその覚悟がなければアプローチを変えてもいいのではないか、ロシアは今まで4島返還を一度でも本気で考えたことがあるか、相手にその気がない交渉を続けても可能性のない闘いとなるだけではないかという教授の意見には説得力がある。さらに、北方領土解決のために、何らかの妥協した際の利益と妥協を一切しない場合の利益とどちらが大きいか検討してもよいのでは、とも提言している。

中ロ国境は、過去、軍事衝突も起きた緊張感の強い地帯であり、中ロに国境問題を解決する意欲と必要性があった(解決する利益のほうが大きかった)。では北方領土の場合はどうなのか、政府が今までどんな実際的な研究をしてきたのかよくわからない。
現実的な交渉とは何かを考えさせる本。新書なので読みやすいと思う。今月、朝日新聞社の大仏賞を受賞した。

麻生大臣には歴史に残る交渉の大きな一歩を踏み出してほしいですね。

(参考:北海道大学スラブ研究センター『国境・誰がこの線を引いたのか-日本とユーラシア』)
[PR]

by itsumohappy | 2006-12-17 23:19 | 歴史・領土問題 | Trackback | Comments(6)
2006年 12月 14日

マリインスキーバレエ 「海賊」/「白鳥の湖」

昔、キーロフ劇場と呼ばれたサンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場は250年以上の歴史を持つロシアの名門オペラ&バレエ劇場。パブロワ、ワガノワ、ニジンスキー、ヌレエフ、バリシニコフ等々がここの舞台に立った。現在、指揮者のゲルギエフ氏が芸術監督兼総裁を務める。
今回の来日公演は、1月から始まったロシア文化フェスティバルの一環である。東京文化会館での2公演を観た。
d0007923_059217.jpg

「海賊」
異国情緒のある色彩豊かな舞台だった。はじめと終わりに出る海上を行く船の舞台装置がリアル。ヒロインを演じたヴィシニョーワは可憐かつ折り目正しい美しさがある。この演目は、男性の見せ場が多いものらしい。実際、アリ役のサラファーノフが拍手喝采を浴びていた。バレエ用語はわからないのでうまく言えないが、スピードとジャンプ、回転のあいまった妙技にうひょーとあっけにとられる(ああ、もう少し洗練された表現をしたいのだが)。会場の感嘆を一身に集めたのではないだろうか。ファジェーエフ(プリンシパルだ)も華あるソリストだ。
上演時間正味90分の作品で、比較的短く感じた。
【12月6日】
メドーラ :ディアナ・ヴィシニョーワ
コンラッド:エフゲニー・イワンチェンコ
ランケデム:アンドリアン・ファジェーエフ
アリ:レオニード・サラファーノフ

マリインスキー劇場
d0007923_049472.jpg

「白鳥の湖」
「海賊」だけでは見足りなかったので、「白鳥の湖」も買ってみた。音楽の美しさ、見所の多さで人気の演目なのだろう、当日には全席売切で、ダフ屋がいた。
白鳥の群舞が実に実にきれいでまさに夢。腕の流れのさまは本当に飛び立っていきそう。主役を演じたロパートキナというバレリーナはマリインスキーの大看板なのだろう。腕のゆらめき、特に手首から指先の動きが印象深い。美しさや技は当然として、それらに加えて気高さと一種凄みに近い迫力がある。なので、オディールの時がかっこいい。王子役のゼレーンスキーもプリンシパルだが、特に印象に残らなかった。王子の役柄がやや弱いキャラクターだからだろうか。ちょっと疲れた感じで、おじさんぽくみえた。道化のスピーディーな回転技は良かった。この公演は、魔法が解けてハッピーエンドの演出だった。
【12月10日】
オデット/オディール:ウリヤーナ・ロパートキナ
ジークフリート王子 :イーゴリ・ゼレーンスキー
道化:アンドレイ・イワーノフ

マリインスキー劇場内部
d0007923_050748.jpgそれにしてもどの方々も一体全体どうしたらあのような体が作れるんでしょうか!?同じ人間とは思えない・・・。
東京文化会館は、場所は便利だが古いせいだろう、内装が汚くみえる。現地マリインスキーの舞台で見れば、舞の美しさもひときわなのだろうが。マリインスキーバレエの次の来日は3年後の予定。その時はもっと良い席で見たい。
[PR]

by itsumohappy | 2006-12-14 01:06 | 演劇 | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 04日

プーチニズムの闇

d0007923_09272.jpg「KGBのシステム、そしてソ連国家に将来はないと思った。」
プーチン大統領の発言である(2000年3月)。KGB要員として東独駐在中に起きたベルリンの壁崩壊を回想してそう語った。

大統領は少年時代、ソ連の工作員が活躍する映画を見たのがきっかけで、工作員を志した。レニングラード大学にやってきたKGBの勧誘員が、「スパイ生活の喜び」を語ったことに感激し、すぐ応募したそうだ。
KGB入りしたプーチン氏は、そこの「科学と技術」部門に属し、のち東独ドレスデンにあったKGB技術センターの一員となった。シュタージ(東独の秘密警察)と協力して西独市民になりすまし、西独企業から最新技術を盗む東独スパイを養成する仕事やドイツ経済の分析・研究などをしていたという。そして、この東独駐在時に共産主義に見切りをつけたプーチン氏は、ソ連崩壊後KGBを退職、出身地サンクトペテルブルク市の副市長になり、外資導入による経済発展を目指し目覚しい成果を挙げた。その時つけられたあだ名が「灰色の枢機卿」。何となく不気味さ?が漂うイメージだ。

その後、大統領府第1副長官からKGBの後身FSB(連邦保安庁)長官に就任。エリツィン前大統領に認められて、首相、大統領代行と出世し、2000年3月、大統領となった。
「権力の垂直化」を標語に掲げ、まず着手した仕事のひとつが国益に反する報道機関の規制だった。

広大なロシアではTVの影響力は絶大らしい。エリツィン時代は自由な記事を書くことができたが、プーチン政権が成立した直後、討論や政権批判の番組は中止となり、ソ連時代へ逆戻りしたかのようになった。
クレムリンは、ソ連崩壊後にオリガルヒ(政商的新興財閥)傘下にあった2つのTV局(ORT、NTV)に脱税容疑などで圧力をかけ、経営陣は解任され、代わりに政府系企業が所有権を得た。TV局2社の実質所有者はいずれも海外逃亡した。その1人がベレゾフスキー氏。所有するORT株(半官半民会社の民の部分を保持していた)を売らないと投獄するとクレムリンから脅されたそうだ。海外滞在中、逮捕の危険が迫り、ロシアに帰国しないままイギリスに亡命した。

ベレゾフスキー氏に対し、プーチン氏がFSB長官だった98年当時、FSBによる暗殺命令が出ていたという。これを暴露して投獄され、のちイギリスに亡命した元FSB中佐リトビネンコ氏のポロニウムによる中毒死事件が今、連日のように報道されている。

リトビネンコ氏が死ぬ間際に名指しで大統領を批判したということもあって、ロシア政府関与説が報道された。リトビネンコ氏自作自演説まであるが、ロシアの(統制下にある)メディアにはベレゾフスキー氏関与説が流れているらしい。

リトビネンコ氏の友人でロシア人映画監督のネクラソフ氏によると、ロシア議会が最近可決した新法で、ロシアの敵をロシア国外で排除する権限がロシア情報機関に与えられたという。
この権限を使って(或いは使ったとみられる形で)リトビネンコ氏を敵視する勢力は暗殺を実行した―犯人が誰にせよ気味の悪い話である。ロシア政府のイメージを貶めることが殺害目的なら、それはある程度達成されたかも。

こういう事件が起きると、KGB仕込みの脅しの手法を用いていると解されても不思議ではないプーチン政権。大統領の能面顔がますます怖い今日この頃である。それでも大統領の任期は2008年5月まで。憲法を改正してまで再出馬はしないらしい。有力な後継者の1人とされるイワノフ国防相は、プーチン大統領と、大学及びKGBのスパイ学校時代をともに過ごしたという経歴の持ち主だ。
(2000.2.14北海道、9.5日経産業、10.17毎日、2004.7.27毎日、2006.11.27フィナンシャル・タイムズ、12.1読売 他より)
[PR]

by itsumohappy | 2006-12-04 00:20 | ロシア | Trackback | Comments(4)