<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 22日

日本から見える「ロシア」

北海道の納沙布岬や宗谷岬の向こうはロシア。日本とロシアの交流は1792年10月、ラクスマンの根室来航にはじまる。ラクスマンは、漂流民大黒屋光太夫を伴い通商を求めるためにやってきた。江戸幕府からの返答が来るまでの約8か月間、ラクスマン一行は根室沖の弁天島に船をつけて上陸し、根室で生活した。日本で最初のロシア語辞典が作られたのもこの時。一行は翌年6月、幕府と交渉のため松前に向かうが、長崎入港を許可する「信牌」を受け取って8月、箱館から帰国した。日本の対ロシア開国は、1855年2月のことである。(2001年12月29日 読売オンライン)
d0007923_2343961.jpg

     ラクスマン根室冬営の図(天理大学図書館蔵)


d0007923_23524100.jpg
根室港。右上が弁天島。根室の町は、かつてはいわゆる北方領土(歯舞、色丹、国後、択捉)への玄関口だった。納沙布岬などからロシアが実効支配する島々を見ることができる。今は目の前の海で漁を自由に行えない。ロシアと毎年交渉して結ばれる協定の範囲内で操業が可能となるまでは、周辺海域での漁業は常にロシア警備艇からの銃撃、拿捕の危険にさらされていた。

d0007923_236263.jpg

納沙布岬から見る北方領土、歯舞群島のひとつである水晶島(左)。右端に小さく見えるのは1937年に日本がかつて立てた貝殻島の灯台。貝殻島は、灯台がやっと立つ位の大きさの島(というより岩)で、岬から3.7キロメートルのところにある。灯台との間が日ロ中間ライン(「国境」とは言わない)。そこを越えるとロシアの警備艇に捕まる。灯台周辺はコンブの漁場で、シーズン中はロシアに「協力費」を払って入漁する。歯舞群島にはロシア国境警備隊がいるだけで、住民はいない。

d0007923_2371845.jpg

   納沙布岬と歯舞群島の上空写真(2006年1月9日 海上保安庁ヘリ撮影)
   (第一管区海上保安本部のHPより) 


d0007923_2382575.jpg根室は領土返還運動発祥の地でもある。エゾカンゾウの咲く海岸沿いの道路のところどころに立つ看板。右上には「こどもたちのために新たな決意で燃やそう返還の火」というスローガン。イラストの少しゆるい感じが気になる?



d0007923_23405787.jpg
納沙布岬にある「四島のかけはし」(左)。右側に「祈りの火」。島が返還されるまで燃やし続けるそうだ。


d0007923_2394069.jpg

奥にうっすらと見えるのが標津町から30キロメートル先にある国後島。根室海峡に面する町、泊(ゴロブニノ)では日本のTVも映る。戦前はこの島に約7300人の日本人が住んでいた。現在ロシア人が約4300人住む。

d0007923_23101168.jpg

   国後で一番大きい町、古釜布(ユジノクリリスク)。(内閣府HPより)
   鈴木宗男議員ゆかりの「友好の家」はここにある。

d0007923_23112733.jpg

   標津町にある領土返還を叫ぶモニュメント。国後を臨む海沿いにある。

d0007923_23114955.jpg

択捉島にある「水産会事務所」(左)と「紗那郵便局」。(内閣府HPより) ともに、現存する戦前の日本建築。ソ連上陸後、日本の建造物は多く破壊されたため貴重である。水産会事務所は、1922年に建てられた当時唯一の2階建て建築物。戦後はソ連人が使っていたが、現在は空き家。紗那郵便局は1885年開局、その後建て替えられた。電信局もあり、ソ連の択捉上陸(1945年8月28日)はここから根室に打電された。建物は今でも使われている。

北方領土へはサハリンから船や飛行機で行くことはできる。しかし、パスポートを使うことは外国領と認めることになり、日本の国策に反するので一般国民は北方領土への渡航は自粛することになっている。北方領土の元島民や関係者は国の制度を使って、かつての故郷の訪問や墓参りをすることができる。その際、所定の身分証明書で入域(入国ではない)する。四島在住ロシア人との交流事業もある。来日したロシア人達のお気に入り買い物スポットは100円ショップらしい。
[PR]

by itsumohappy | 2006-07-22 23:50 | 歴史・領土問題 | Trackback(1) | Comments(8)
2006年 07月 17日

ロシアの悲願、WTO加盟

今春、パステルナークの小説『ドクトル・ジバゴ』がロシアではじめてTVドラマ化された。しかしメディアの扱いは冷淡で盛り上がりに欠けたそうだ。文化に関心の高いロシア人なのに何故--その理由は、放映の数ヶ月前に海賊版DVDが出回り、関心のある人は放映前に見てしまったからだそうだ。その後、出版された正規DVDの海賊版までが出回ったとか。(2006年5月25日東京新聞)

日本ではちょっと考えられない事態だが、ロシアは中国と並ぶコピー天国らしい。米政府は、中ロによるハリウッド映画やコンピュータソフトの違法コピーの被害が深刻としており、両国を「優先監視国」に指定している。4月、米通商代表部は、ロシアでは政府保有の敷地内で海賊版CDやDVDが作られていると報告した。

この知的財産権の問題がロシアのWTO(世界貿易機関)加盟を遅らせている原因のひとつ。米議会や映画・音楽・ソフトウェア団体は、ロシアが、01年に加盟した中国の二の舞を犯すことにならないようブッシュ政権に求めている。

ロシアは、WTOの前身であるGATTの時代、93年に加盟を申請した。外国からの投資、貿易の増大にはWTO加盟のメリットは大きい。WTO加盟には、多国間交渉での合意のほか、ニ国間交渉を希望するWTO加盟国との個別合意が必要。ロシアは日本とは05年に合意した。二国間交渉が残っている国は、オーストラリア、コロンビア等4カ国で、うち米国が事実上最後の交渉国。プーチン政権は、サミット前にWTO加盟の道筋をつけたい考えだったが、15日の米ロ首脳会談でも合意に至らなかった。
知財面で不正コピー商品の摘発強化という一定の進展はあったが、米国が要求する農業補助金の削減や牛豚肉市場の開放の面で協議が不調に終わったためという。

(2006年4月12日日本経済新聞、4月30日朝日新聞、7月11日ロイター、7月11日読売新聞、7月16日日本経済新聞より)

************
【WTO: World Trade Organization】
本部はスイスのジュネーブにある国際機関。GATT(関税及び貿易に関する一般協定)を発展的に引き継ぎ、1995年発足。06年4月現在149カ国が加盟。もの・サービスの自由貿易のためのルールを決定し、加盟各国は決定事項に拘束される。(加盟国には同等の貿易条件が適用される。)
日本は1955年9月にGATT加盟。GATTの時代は「もの」の貿易の概念だけだったが、WTOでは知的財産権のルールが加わった。
自由貿易体制は先進国に有利として、途上国開発支援のための措置がいかにあるべきかが現在課題となっている。(外務省 WTO早わかり Q&Aブック)
[PR]

by itsumohappy | 2006-07-17 21:09 | ロシア | Trackback(1) | Comments(1)
2006年 07月 11日

皇帝一家の最期

ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世は、1917年3月2日、臨時政府の樹立に伴い退位し、8月、皇帝一家はシベリアのトボリスク、次にオムスクに流された。10月革命後は、エカテリンブルクに送られたが、18年7月17日深夜、幽閉先のイパチェフ家の地下で4人の侍従とともにボルシェビキにより銃殺された。死体の行方は長く不明だったが、79年に郊外の沼地から発見された。91年になってその事実が公表され、ソ連崩壊後、ロシア政府は英米の科学者の協力も得て遺骨のDNA鑑定を行った。その結果、遺体は、皇帝、アレクサンドラ皇后、皇女3人(オリガ、タチアナ、マリア)、侍徒4人のものであるとされた。皇太子アレクセイと第四皇女アナスタシアは確認されなかった。

   待望の皇太子が誕生した1904年頃の皇帝一家
d0007923_0232831.jpg

DNA鑑定の結果に疑問を持つ研究者もおり、またロシア正教会も皇帝一家の遺骸と認めなかったが、一家は受難者として列聖され、歴代皇帝が眠るサンクトペテルブルクのペテロパヴロフスク聖堂に98年7月、埋葬された。

歴代皇帝が眠るペテロパヴロフスク聖堂(左)
d0007923_024303.jpg埋葬式に当時のエリツィン大統領は欠席を表明していたが、直前になって翻意。私人の立場で出席して皇帝の処刑という蛮行を反省し、国民の融和を求める式辞を述べ、新生ロシアをアピールした。正教会総主教アレクシー2世は式典に出席せず、セルギエフ・ポサードで「エカテリンブルクの遺骸」に祈りを捧げた。

d0007923_0251356.jpg

   98年7月、ペテロパヴロフスクに運ばれる皇帝夫妻とされる遺骸
   (AP通信Dmitri Lovetsky氏撮影)

一家が銃殺された民家は、皮肉にもエリツィン氏が旧ソ連共産党のスベルドロフスク州(現エカテリンブルク)第一書記だった時代に破壊されていたが、跡地に皇帝追悼のための教会が03年に建設された。

(2003年7月17日北海道新聞、2000年4月7日産経新聞、1998年7月18日日本経済新聞より)

************
【アナスタシア伝説】

皇女アナスタシアは生き延びた―という説があり、映画にもなった。皇女を自称する人物もいたが、DNA鑑定により事実無根とされた。

d0007923_0265479.jpg
1956年のアメリカ映画「追想」(原題「アナスタシア」)
大女優H・ヘイズとI・バーグマンの火花散る演技は見ごたえあり。
[PR]

by itsumohappy | 2006-07-11 00:41 | 歴史・領土問題 | Trackback(1) | Comments(0)