ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 26日

ナボコフ 『ロリータ』

d0007923_0122061.jpg『ロリータ』は、亡命ロシア人作家ナボコフが1955年に英語で発表した小説。日本では59年に出版された。05年出版の新訳(新潮社)を読んだ。
「ロリータ」という言葉に対するイメージは人それぞれだろうが、本家本元のこの小説に登場するロリータは、“ニンフェット”として主人公ハンバート・ハンバートに崇められて?はいても現実にはすれっからしで頭からっぽの女の子として描かれている。ハンバートはこのニンフェットの虜となるが、土壇場に来てその永遠なる所有が果たせず、自滅の道をたどる。

今読んでもそれなりにインパクトがあるこの小説、半世紀前はさぞかしセンセーショナルだったろう。ハンバートの妄想など心理状態が読みどころだろうか。ただ主人公に感情移入ができないので、小説の世界に入っていけず、共感できない(従って感動できない)のが難である。あくまで私の場合だが。しかし、この小説が、単なる「少女を愛する変態中年男の話」であれば50年も生き残れない。
ハンバートとロリータは即ちヨーロッパの伝統文化とアメリカの低俗社会とも読めるのだが、そのヨーロッパの教養はペダンチックに走りすぎて喜劇がかっており、蠱惑的な少女に振り回されるハンバートは滑稽で哀しいキャラクターだ。物語の展開はあっさりしているようでいながら実は計算されている。実際は悲劇かもしれない。ナボコフの深い教養も垣間見えるユニークな小説。万人にお勧めするものではないが、一読の価値はあると思う。

「あとがき」に小説の日付のある食い違いが、ナボコフが巧みに意図したものか単なるミスかで小説ががらっと変わる、と説明がある。もちろん、ナボコフの仕掛けだと思った方が面白いのだが・・・。(詳しくは読後にご参照下さい。)

d0007923_0171524.jpg
ナボコフが18年間住んだペテルブルクの家。現在ナボコフ博物館となっている。

************
d0007923_0154214.jpgウラジミール・ナボコフ(1899-1977)
ペテルブルクの富裕な貴族の家に生まれる。父親は政治家で弁護士だった。ロシア革命後亡命し、ベルリンやパリで暮らした。ケンブリッジ大学を卒業。40年に渡米、コーネル大学でロシア文学を講義。『ロリータ』出版後は文筆活動と趣味の蝶の採集に専念。スイスで死去。
『ロリータ』は2度映画化されている。
  キューブリック版「ロリータ」(右)d0007923_0175287.jpg

 
[PR]

by itsumohappy | 2006-06-26 00:11 | 文学・本 | Trackback | Comments(11)
2006年 06月 18日

サミット会場 コンスタンチン宮殿

7月15日から17日までサンクトペテルブルクで行われるサミットの会場、コンスタンチン宮殿。先日、会談予定場所である「大理石の間」が公開された。(2006年6月9日北海道新聞)

d0007923_1253410.jpgペテルブルク郊外ストレルナにあるコンスタンチン宮殿はフィンランド湾を臨み、噴水が有名なピョートル大帝の夏の宮殿にも近い。この宮殿の地も、もともとピョートル大帝の夏の離宮建設が予定されていたが、18世紀末にパーヴェル1世の息子コンスタンチン公に与えられた。19世紀はじめにコンスタンチン宮殿は完成し、ロシア革命まで同家が所有していた。第二次大戦中はドイツ軍が占領し、戦後は荒廃していたが、2003年、EU・ロシアサミット開催のために1年半かけて修復された。

d0007923_134574.jpg宮殿らしく大理石の暖炉やクリスタルのシャンデリアがあり、エルミタージュからの絵画も持ってきて華麗に生まれ変わった。また、いくつかのホールで各国とTV会談できるようになっており、ヘリパッドなども作られた。敷地内のフィンランド湾近くにロシアの都市名が付けられたコテージ(下)が20ある。大統領が使うのは「サンクトペテルブルクコテージ」だが、当地で催事がない限り一般の人も一泊d0007923_1281850.jpg5000ドル相当(冬季割引あり)で借りられるそうだ。
(2005年7月10日プラウダ)


コンスタンチン宮殿は、これまでも日本を含む外国首脳との会談・宿泊場所になっている。今やプーチン大統領お気に入りの場所で、地元ではプーチン宮殿と言われているとか。
d0007923_1284125.jpg
大理石の間

(写真は、ペテルブルクの名所案内Palace of Congressのページから)
[PR]

by itsumohappy | 2006-06-18 01:40 | ロシア | Trackback(1) | Comments(2)
2006年 06月 08日

最近の話題から

最近の新聞から、日露に関係する記事を紹介します。

●らんま1/2の出版
d0007923_0291615.jpg日本のアニメ、マンガ文化がロシアにも浸透しつつある。コスプレ、マンガ喫茶も輸入されたそうだ。ロシアの出版社「サクラ・プレス」から初の本格的ロシア語版の日本漫画として、高橋留美子「らんま1/2」が刊行され38巻まで順次発行される。翻訳は、「ねじまき鳥クロニクル」の訳者でもあるロガチェフ氏。マンガは子供が読むものという偏見を壊すことが最大目標と意気込んでいる。
今年モスクワで第5回コスプレ大会があった。参加者は毎年300人ずつ増えて会場探しに苦労しているとか。ちなみにコスプレ情報は欧州から入ってくるらしい。あるコスプレ(Косплей)のサイトを見てみると10代くらいのロシア人が「カードキャプターさくら」「幻想魔殿 最遊記」「フルムーンを探して」等々のキャラクターに真剣に扮している。日本人が想像する以上にアニメ文化は広がっている感じだ。
【2006年4月25日産経新聞より】

●国営ロシアTVドラマ「北海道警察」の制作
国営ロシアTVの番組制作会社が、北海道を舞台にした刑事ドラマを企画、来月札幌と小樽でロケを計画中。シロフスキー監督は、日本の暮らしや風土を視聴者に伝えたいと語っている。1時間番組12シリーズで、来年、夜のプライムタイムにロシア全土での放映を目指す。主役は北海道警察の刑事で、俳優は、カザフとか中央アジアの人を使うそうだ。サハリン州の女性捜査官も登場。(ロマンスあり)  ヒットするといいですね。
【2006年6月3日 北海道新聞より】

●国後島に礼拝堂が完成
ウラジオストクに本部がある愛国青年団体「ナーシャ・ストラナ(われらの国)」が北方領土のひとつである国後島にロシア正教の小礼拝堂を建設、4日に完成した。ロシアの領土であることをアピールするのが狙い。スカレージン代表(26)は領土問題について「日本と交渉することは何もない」と話した。
Наша Странаのサイト礼拝堂メイキング画像が出ている。写真には、10代~20代に見える若い人たちが写っている。
【2006年6月7日 北海道新聞より】

完成を祝うНаша Странаの団員
(ゲンナジー・ベレジューク北海道新聞通信員撮影)
d0007923_0333789.jpg
[PR]

by itsumohappy | 2006-06-08 00:46 | ロシア | Trackback | Comments(4)
2006年 06月 04日

ネオナチの台頭

モスクワ、サンクトペテルブルクなど大都市を中心に、ロシアで極右(ネオナチ)の若者グループによる外国人襲撃事件が増加している。アムネスティによると、昨年は、28人が殺害され366人が負傷し、06年5月8日現在、15人が殺害されている。
外務省の渡航情報でもスキンヘッド等に近づかないよう注意が出ている。

外国人排斥を叫ぶスキンヘッドの総数は、全世界で推定12万人、うちロシアには5万人と言われ世界で最も多く、ロシアへは1990年、ソ連時代の末期に西側から「輸入」された。ペテルブルクには1.5万人が集中しているそうだ。

領事館情報によれば、ペテルブルクの犯罪増加率は対前年比41.1%増で、主要都市で最高の増加率だったが、特にスキンヘッドの若者集団による外国人殺傷事件が日常的に発生するようになったとのこと。1月から4月までペテルブルクだけでも、
エジプト人襲撃される/イスラエル人留学生殴打される/アフリカ人留学生殺害される/中国人女子留学生殴打され負傷/ベトナム人留学生殴打される/アフリカ系ロシア人少女顔を切られる/インド人留学生ナイフで刺され重傷/セネガル人留学生射殺される/モンゴル人学生2人殴打され重傷・・・といった事件が起きている。ロマンチックな北のベニスの別の顔である。

ペテルブルクサミット開催を目前に控えている同地出身のプーチン大統領は、ネオナチ勢力による襲撃事件に懸念を表明。ペテルブルクでは、ソ連崩壊後、軍関係の施設が閉鎖されて失業者が増大、貧富の差が広がって過激な民族主義思想が助長され、市内に多く住む外国人が暴力事件のターゲットになっていると言われる。

04年にペテルブルクで起きた、タジク人少女が十数カ所をナイフで刺され死亡した事件の容疑者に対し、今年、事実上の無実判決である狼藉の罪が言い渡された。 アムネスティなど国際的な人権団体は、民族主義に対するロシア政府の取り組みが不十分だとして非難している。今のロシアは、ファシズム台頭前夜の1920年代当時のドイツの状況-失業者数が増大するなかで登場したユダヤ人排斥運動をドイツ官憲は野放しにした-に似ているという指摘もある。

(2006年4月18日東京新聞、5月5日産経新聞、5月8日・10日読売新聞より)
[PR]

by itsumohappy | 2006-06-04 23:15 | ロシア | Trackback | Comments(0)
2006年 06月 02日

ドストエフスキー『白夜』

d0007923_23381929.jpg
在ペテルブルクの領事館の案内によるとペテルブルクの白夜は5月25・26日頃から7月16・17日頃までで、日照時間最長は6月21・22日頃(18時間53分)とのこと。建都300年祭の時、NHKで報道した白夜の様子が記憶に新しい。この白夜の頃が1年で最も快適だが、体のリズムが崩れて体調不良になることもあるらしい。

ドストエフスキーの短編『白夜』(1848年)は、ペテルブルクの白夜の運河で出会った孤独な貧しい青年と不幸な少女の淡い夢のような話。白夜という幻想的な舞台はペテルブルクならでは。憂愁さに満ちていてロマンチック。ドストエフスキーの意外な?繊細さが伺える、寂しいけれど不思議な温かさのある作品である。(小沼文彦訳/角川書店)

私は見ていないがヴィスコンティが映画化している。ただし舞台はイタリアの港町(ロケではなく、チネチッタでのセット)になっているそうな。

d0007923_2326492.jpg

      小説に出てくるフォンタンカ運河
[PR]

by itsumohappy | 2006-06-02 23:29 | 文学・本 | Trackback | Comments(4)