ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 24日

「戦艦ポチョムキン」80周年

1925年12月24日、モスクワのボリショイ劇場で映画「戦艦ポチョムキン」が、血の日曜日事件に始まる第1次ロシア革命20周年を記念して初めて上映された。この時エイゼンシュテイン監督27歳。上映が始まっても、まだ終わりのほうのフィルム編集がすんでおらず、つばでとりあえずくっつけて劇場に運び、辛うじて間にあわせたというすごい作品である。

1925年は、日本では治安維持法、普通選挙法が制定された年である。翌年に、フィルム「戦艦ポチョムキン」は横浜港まで来たが検閲の結果、輸入禁止となり送り返されたそうだ。

日本で初めて上映されたのは1959年になってからで、ソ連などで検閲カットされたものだった。もともと制作当時のフィルムですらソ連は、自国にネガを残さないでドイツにそのものを輸出してしまったというのだからおそろしい。今も各国で、残されたフィルムを探索し、「完全版」を編集する試みがなされているとか。

1959年、日本で初上映されたときのポスター
d0007923_2314535.jpg
この映画の誕生を記念して24日、神保町で上映会&講演会があった。新藤兼人氏、朝倉摂氏などがこの作品への思いを語っていた。会場となった岩波ビルの1室は満員で立ち見がでるほど。お客さんの平均年齢は67.5歳といったところか。まぁクリスマスイブにポチョムキンを観に来る若者は少ないかもしれない。

無声映画時代にいかに説得力ある表現を追求したか、それを感じてほしいといったことを93歳の新藤監督は話していた。確かに、映像がひたすら垂れ流されていることに慣れきってしまった今日では、この作品の偉大さを十分理解しきれない気はする。 


d0007923_2315675.jpgこの映画を観るのは2回目だが、オデッサの階段シーンがやはり印象的。不気味に後ろから機械じかけのように近づき市民を次々と殺戮する軍隊と恐怖にかられて逃げ惑う群集とその苦悶の表情、そして滑り落ちる乳母車。映画人ならデ・パルマ監督でなくともこのシーンいただき!と思うだろう。


    ロケ地オデッサのリシュリュー階段
d0007923_23154833.jpg

[PR]

by itsumohappy | 2005-12-24 23:24 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
2005年 12月 23日

元シベリア抑留者最後の訴え

戦後60年経って未だに解決していない元シベリア抑留者の補償問題。今夏、平均年齢を80歳を超えている元抑留者たちが、政府の補償を求め国会前で座り込みをした。参加者は、体力的に今回が最後になるだろうと語ったそうだ。

戦後、旧満州や樺太からシベリア、モンゴル等に移送され強制労働させられた人々は約57万人。その1割が死亡し、行方不明者は4万7千人。「我々は過去最大の拉致被害者」という訴えはもっともだ。先日、厚労省が、今年ロシアから提供された、シベリアから北朝鮮への移送者名簿の公開を検討するという報道があった。(12月16日 朝日新聞)この名簿からは1人しか身元が特定されていない。なんて悲しい話だろう。

東南アジアなど南方からの帰還者は、英米の労働証明により政府から労働賃金相当額が支払われた。対し、ソ連は労働証明を発行しなかったため、労賃を支払うことはできないとされた。しかし、ロシア時代になって近年、労働証明書が発行されるようになったらしい。それでも政府はシベリア帰りの人達に南方組と同様の補償を行わない。

この問題について、国に補償責任はないという最高裁判決が出ており、立法による救済しかない。また、ロシアに対しては、56年の日ソ共同宣言により日本は補償の請求権を放棄している。

今、政府の行っている対策は、「独立行政法人 平和祈念事業特別基金」による慰藉事業。この基金から過去、慰労金(補償金ではない)10万円と銀杯が被抑留者に贈られた。また、新宿の住友ビルの一室にある展示資料館で、強制抑留者の労苦を伝える活動を行っているというのだが、実際その展示室に行ってみると何だか中途半端で、税金が本当に元抑留者のために有効に使われているのか?という印象だった。

この独立行政法人を解散して、取り崩した基金を被抑留者への補償に充てるという法案が民主、共産、社民の議員立法で今年7月、衆議院に提出された。解散総選挙のあおりでいったん廃案になったが、再提出されいちおう審査中になっている。一方で、解散前に与党からも出されていた法案は取り崩した基金の一部から旅行券(!)を支給するというものであった。

生存する抑留体験者は10万を切ったらしい。なぜシベリア抑留者だけ差別されるのか、奴隷の汚名を着せられたまま死にたくない。我々には戦後70年はない。そう訴える人々の声に政府は冷たい。政府は、年月の経過による「自然解決」を待っているのかもしれない。
[PR]

by itsumohappy | 2005-12-23 23:04 | 歴史・領土問題 | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 11日

チェーホフ4大戯曲

d0007923_21202462.jpg誰もが多分名前は知っているロシアの作家・劇作家、チェーホフ(1860~1904)。
でも何読んだっけ。「桜の園」、映画にもなった「犬を連れた奥さん」とかは読んだ気がするが。

TVロシア語講座でモスクワのマールイ劇場のことが出てきて、「かもめ」の有名な1シーンをやっていた。
   Я чайка...Не то. Я актрйса.
  (私はかもめ。いえそうじゃない。私は女優だわ。)
昔の女性宇宙飛行士テレシコワの「私はかもめ」はここから来ているのかな。

1896年から1904年にかけて書かれた戯曲「かもめ」、「ワーニャおじさん」、「三人姉妹」、「桜の園」がチェーホフの4大戯曲。比較的新しい訳で読んでみた。
共通するテーマは人生の困難さ。苦境を如何に乗り越えるか。運命に果敢に立ち向かう者もいれば、苦難を乗り越えられず自滅する者もいる。生きるのは苦しい、でも必死で働いて生きるのだ、といった台詞があちこちに出てくるのだが、作家の訴えたメッセージは100年経っても十分現代社会に通じるものだ。人生とは何ぞや、というテーマは永遠だなー。

ロシア文学の伝統のひとつと言われるのが、強い女と弱い男のストーリー。「かもめ」はそれにあてはまっている。「ワーニャおじさん」もそうかも。「ワーニャおじさん」では人生の理不尽さ、不公平さが描かれているところが気に入った。能天気な幸せ者に生活をかき乱され、必死に彼らを支える者のほうは何だか報われない、って今日でもよくある話ではないか。

「三人姉妹」、「桜の園」は没落した知識階級、有産階級を描く。農奴制とかブルジョワの台頭による貴族の没落とか当時のロシア社会の背景がわかるとより理解が深まるかも。

チェーホフは貴族の生まれではなく、父親は雑貨商、祖父は元農奴だった。奨学金を得てモスクワ大学医学部を出、医者になった。破産した家のために小説を書きまくり親兄弟を支えた。
チェーホフ全集の細目を見てみるとものすごい量の短編小説を書いている。
結核を病み44歳で亡くなった。伝記を見ると妹が大好きだったそうだ。今で言う妹萌え?

戯曲を読むとやはり舞台が見たくなる。去年はチェーホフ没後100年ということでいろいろと催し物があったようだが、普段でも古典ということでたまには上演されているのかなぁ。
[PR]

by itsumohappy | 2005-12-11 21:34 | 文学・本 | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 04日

ロシアとの条約

d0007923_234339.jpg麻布台にある外務省外交史料館で、日露国交150年を記念して「日露関係のあゆみ:1855-1916」と題した館所蔵品の展示会をやっている。(今月27日まで)

d0007923_2343028.jpg史料閲覧する所の脇の建物にひっそりとした展示室が1室あり、普段でも吉田茂の関係資料など常設している。土日は開いていないし、閉まっている重い門をごろごろとスライドさせて入るので、とても通りがかりの人が気がついて、気軽に入って見てみようかという感じではない。

d0007923_2351758.jpg日本がロシアとはじめて調印した条約は「日露和親(通好)条約」(1855)。これにより日露国境が択捉とウルップの間とされ、箱館、下田、長崎が開港された。この条約の関係書類は関東大震災で焼失し、展示は写真だけ。今日、条約を写した文書しか残っていないのだ。うーん残念なことだ。

d0007923_2355197.jpg

1875年には「樺太千島交換条約」(右)が結ばれた。批准書は見栄えして立派。とじひもの缶(蝋缶:とじひもを押さえる赤い蝋を入れる)が妙に大きい。読んで字のごとく、日露雑居状態だった樺太をロシアへ、代わりにロシア領のウルップ以北18の千島の島々を日本へと帰属させた条約である。


最初の日露激突であった日露戦争のポーツマス講和条約の批准書も立派。下は調印書。サイン一行目に左はウィッテ、右は小村寿太郎の両全権の署名がある。
d0007923_236431.jpg

d0007923_2391967.jpg

日露戦争後、1907~1916年にかけて日露は満州や内蒙古での権益を相互に承認する「日露協約」を4回結んだ。公開協約と秘密協約がある。 (右下が秘密分)
d0007923_23111735.jpg
ロシア革命後、ソビエト政権によってこの秘密分は公開された。また、帝政時代に結ばれた条約は破棄されることとなった。

d0007923_23275758.jpg革命後国交が途絶えたが、1925年、「日ソ基本条約」でソビエトとの国交が樹立。常設展のほうに批准書(右)があった。この条約でポーツマス講和条約の有効性などが再確認された。 



そして時代は飛ぶが、第二次大戦中に結ばれた「日ソ中立条約」(1941)の調印書がこれ。
d0007923_23113410.jpg双方の中立友好、領土不可侵を約束したもの。不延長通告後一年間は有効のはずが、その期間内にソ連は日本に参戦し、満州、樺太、千島に侵攻した。

国交は日ソ共同宣言(1956)により回復したが、大戦の講和条約(平和条約)は戦後60年経過しても未だに結ばれないままだ。次にロシアと結ぶ歴史に残る条約は何だろう。たぶん平和条約なのだろうが、領土問題とのからみもあるし、一体いつまで休戦状態?が続くのだろう。
[PR]

by itsumohappy | 2005-12-04 23:34 | 歴史・領土問題 | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 04日

ゴーゴリ 『ペテルブルグ物語』

『ペテルブルグ物語』は、(群像社、2004年)ゴーゴリの3作品『ネフスキー大通り』『鼻』『外套』をロシアの文芸学者エイヘンバウムがまとめたもので、この本は新訳である。ロシアでの出版当時の不思議な感じの挿絵が入っていて、訳も自然でとっつきやすい。ゴーゴリは、日本で言えば幕末の頃の人である。私は他には『検察官』位しか読んだことがないが、思っていたよりずっと読みやすい。

『ネフスキー大通り』『鼻』は幻覚的というのか簡単に言えば訳わからない話である。『ネフスキー』は、幻想と妄想が交錯したストーリー、『鼻』は、奇想天外、へたするとナンセンス噺で重厚長大なロシア文学のイメージが崩れる。

  今のネフスキー大通り 昔は馬車が行き交っていた
d0007923_1657862.jpg

誰が読んでも面白いのが『外套』だと思う。当時の、階層社会、官僚社会に生きる人々の生態が生き生きと描かれている。(ゴーゴリは下っ端役人の経験があるそう) 主人公の惨めさ、情けなさが真に迫っているが、それだけでは貧困物語になってしまうところオチがあって楽しませてくれる。
次は『死せる魂』を読んでみようかな。
[PR]

by itsumohappy | 2005-12-04 17:00 | 文学・本 | Trackback | Comments(0)