2008年 06月 29日

A・アダーモビチ他 『封鎖・飢餓・人間』

二人の作家(アレーシ・アダーモビチ、ダニール・グラーニン)のインタビューによる、レニングラード攻防戦を生き抜いた市民の体験記録(新時代社、1986年)。

1941年6月22日、ドイツは、独ソ不可侵条約(1939年8月)を破ってブレスト要塞を電撃攻撃し、独ソ戦(大祖国戦争)が始まった。最初の3週間で100万人のソ連兵が犠牲となり、2ヵ月後にはヨーロッパ・ロシアの過半がドイツに占領された。ソ連の犠牲者総数は、4年間で3,000万人と言われる(日本の場合、大戦の犠牲者はおよそ300万人)。
 
ドイツ軍は、41年9月半ばにレニングラードへの陸上交通を、11月上旬には隣接するラドガ湖の海上交通を遮断し、レニングラードを完全包囲した。包囲期間は、44年1月までの約900日に及び、130~150万人の兵士と民間人が死んだ。この本の解説によれば、このうち約64万人が餓死。砲撃による死者は1万7000人で、15万個以上の砲弾と10万個以上の爆弾が市内に降りそそぎ、市の大半が破壊された。

聖イサク寺院に残されているドイツ軍砲撃の跡
d0007923_21324921.jpg41年は、大寒波にも見舞われ、10月から42年4月にかけて多くの餓死者が出た。著者は、「大量飢餓という殺人兵器について書き記さないことは、原爆の存在を忘れ去ることに等しい」という思いで、生き残った人々の証言をまとめた。現代ロシアでも包囲戦の記憶は薄れつつあり、関心を持たない者が増えた、とある。工場での勤労体験と異なり、包囲下での私生活は、「苦痛を伴うつらい思い出」であるため、語りたがらない人が多かったそうだ。 

配給された食糧は、おがくず混じりの水っぽいパンでそれ以外のものはほとんどなかった。最も少ない時で、労働者1日250g、事務職員125g。追いつめられた人々が食べたのは、犬・猫・カラス、薪、草、土、油粕、ベルト、服、毛皮のコート、靴、壁紙や本から削った糊等々。しかし、「過度の独創性は破滅のもと」で、からしのパンケーキ(さらしたからし粉を溶いて作った)で死ぬ人もいた。延命効果があったのは、針葉樹の葉からとったエキスだった。

飢えて無感情となった人々は、見た目に老若男女の区別もつかず、体に荷物を括りつけて「スローモーションのビデオ」のように動いた。死は静かに、そして突然訪れ、会話をしていた人が、次の瞬間にはこときれた。最初に死んだのは男性。女の子は比較的持ちこたえた。そのような極限状態のなかでは、人間性の「分極化現象」が起き、「すべての人間的感情や資質は、最大の試練にさらされた」。つまり、他人を犠牲にしても生き延びようとする人と最後まで他人を助け、分かちあう人とに分かれた。

市民が描いた絵(エルミタージュ宮殿付近:下巻110頁より)
d0007923_21242853.jpg
41年11月から、ラドガ湖横断の氷上道路(「生命の道」)ができ、食糧事情が多少改善したが、翌年春までの期間に多くの餓死者が出た。零下30度の中、衰弱し、転んで立ち上がれない人々はそのまま凍死するしかなかった。

最も印象的かつ意外だったのは、飢餓状態なら、できるだけ動かずにいるのがベストと思うがそれは全くの間違いである、と語る体験談。正常な人間の生活のリズムに似たものを作る、つまり、部屋の中を歩き、掃除をし、スプーンを使って食事する、といったことで生き延びた人が多かった、というのである。惰性な生活に落ち込むのは間違いで、「人間的存在」である者が生きた。

この本は、人々の体験の聞き書きに徹し、悲惨な生活に追い込まれた原因の分析にはあまり触れていない。ドイツ軍の侵攻で緊迫した状況下でも254万人が疎開せずに市に残った。「愛国心が破滅の原因となった」とあるが、それだけではないだろう。

44年1月、レニングラードはソ連軍により完全開放され、45年、同市はソ連で最初の「英雄都市」となった。
(参考:2008年6月22日ロシア・トゥデー、『ロシアを知る事典』平凡社(2004))

  サンクトペテルブルクの戦勝広場。ドイツ軍の前線だった場所
d0007923_22102611.jpg

[PR]

by itsumohappy | 2008-06-29 18:17 | 文学・本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/8187973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cccpcamera at 2008-06-30 12:08 x
昨年、観光旅行で「戦勝広場」にゆきました。観光コースだったわけではないけれど、写真右上のホテルに泊まったので、朝食前に散歩しました。写真の左奥の原っぱの先に、感じの良い小さい教会が有りました。
Commented by itsumohappy at 2008-07-01 00:42
cccpcameraさん
おおっここに泊まりましたか!私はバスで移動中そばを通った
だけでした。何だかものすごく大きいんですよねぇロシアの
モニュメントって。この地下に展示品があるそうですね。
Commented by カチカ at 2008-07-03 02:02 x
生き延びたのが、正常な人間のリズムを保って生きた人間だというのは、本当に意外ですね。
やはり人間は肉体的である以上に精神的な存在なのだということでしょうか。
日本人であれ、ロシア人であれ、戦争を生き抜いてきた人の体験談というのは、姿勢を正されるようなところがありますね。
Commented by itsumohappy at 2008-07-03 22:55
カチカさま
どんな状態であっても必死で歩くものが生きた、とありました。
人の仕組みは想像以上に複雑なんだそうです。カロリーの消費を
止めてしまったら終わり、なんですねぇ。
医学的には説明のつかない不思議なことだ、と医者が証言していま
した。


<< ホリプロ 『かもめ』      ロシア・アヴァンギャルド展 >>