ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 31日

A・ジッド 『ソヴィエト紀行』・『ソヴィエト紀行修正』


  「人々が希望していたのはこれではない。もっと徹底した言い方をすると、
  人々が希望しなかったことこそ、まさにこれなのだ。」(『ソヴィエト紀行』より)


d0007923_2156478.jpgアンドレ・ジッド(1869-1951)(右)は、1936年6月、病床のゴーリキーを見舞うためモスクワを訪れたが、モスクワ到着翌日にゴーリキーは死去し、面会はかなわなかった。ジッドは、赤の広場で行われたゴーリキーの葬儀で追悼演説を行い、その後、フランス人文学関係者たちと共にモスクワ、レニングラード、セバストポリを周って、文化施設、社会各層の事情を見聞した。8月にフランスに帰国後、まもなく発表されたのが『ソヴィエト紀行』である。同書は、数週間のうちに10万部以上を売り上げ、ジッド67歳にして初のベストセラー本となった。

反響が大きかったのは、それまで、ソヴィエト及び共産主義に対して大きな希望と期待を表明していたジッドが、一転してソ連の内実を批判する「裏切り」の本を書いたためである。ジッドは、ソ連はもとよりロマン・ロランをはじめとするフランス左翼陣営からの非難を浴びた。

ジッドがソ連を訪れたのは、キーロフ暗殺(1934)をきっかけに始まる大テロル前夜。ジノヴィエフ及びカーメネフのモスクワ裁判事件(1936年7月。反スターリン派であった二人はでっちあげの裁判の結果、銃殺された)が起きた頃だった。

ソ連に対する愛情を賞賛のみに限定せずに、十分調査行う、という立場で旅行を終えたジッドは、「経験したことのない苦悩」をもって『ソヴィエト紀行』を著した。そのなかで、一切の批判が許されないソ連の体制は、恐怖政治への道であり、「ヒトラーのドイツであってさえこれほど隷属的ではないだろう」と切り捨てた。

また、「批評が行われない社会では、文化は危険に瀕する」と指摘し、いかに天才的芸術家であろうと、「線内」から外れれば「形式主義」として糾弾される状況を危惧した。
加えて、スタハノフ運動(生産性向上運動)を引き合いに、大衆の無気力さ、呑気さを指摘。工夫も競争もない状態で物は不足し、「貧乏人を見ないために来たのに貧乏人が多すぎる」社会に幻滅した。

1937年、ジッドは『ソヴィエト紀行』への批判を受けて、『ソヴィエト紀行修正』を発表した。「修正」といっても訂正ではなく、前作で語りつくせなかったことを加えて、スターリン体制への批判をいっそう強めた内容である。

旅行中に受けた豪奢な接待が、ジッドに却って特権と差別を想起させた、という部分が印象に残った。かつて『コンゴ紀行』(1927)で、原住民を搾取するフランス植民地行政を告発したジッドであるから、厚遇を受けようが惑わされない。
ジッドは、『ソヴィエト紀行修正』で、ソ連では最も価値ある人々が密告により殺され、最も卑屈なものが迎えられており、プロレタリアは愚弄されている、フランス共産党は欺かれたと気づくべき、と言い切った。

両書とも『狭き門』等と違って書店では見かけない。私が読んだのは『ジイド全集 第10』(1958)で、根津憲三と堀口大学の訳。

****************************
d0007923_21583797.jpgマクシム・ゴーリキー(1868-1936)は、レーニンと対立して国を離れていたが、スターリンの招きにより、33年帰国した。強制収容所の囚人を動員した白海・バルト海運河建設を礼賛する(そのように仕組まれたと言われる)など、スターリンの意に沿っていたが、次第にスターリンと不和を来し、NKVD(内務人民委員部;KGBの前身)の監視下に置かれた。34年、ゴーリキーの息子マックスが何者かに殺害された。ゴーリキーは、36年には、スターリン体制の告発を考えていたとされる。インフルエンザを悪化させて瀕死のゴーリキーが、ジッドにそのような告発を伝えることをスターリンは怖れた、という。ゴーリキーは、いったん快方に向かっていたが、(なぜか)容態が急変し、ジッドと会えぬまま死去した。

****************************
共産主義に対する支持を表した当時の西側知識人は、バーナード・ショー、H・G・ウェルズ、ルイ・アラゴン、アンドレ・マルロー、ロマン・ロランら。
1930年代半ば、ナチスのラインラント進駐、スペイン内戦勃発など、ファシズムが台頭するなかで、ソ連への共感を持つ知識層が少なからずいた。
ロマン・ロラン(1915年ノーベル文学賞受賞)は、35年にモスクワを訪問した。スターリン体制を見る眼が曇っていたのは、ロラン夫人(ロシア人)がNKVDの秘密工作員であったため、とする説がある。

ジッドは、1947年、ノーベル文学賞を受賞した。その際、スウェーデン王立アカデミーは、「コンゴやソヴィエトへの紀行だけをみても、文学の世界のみに安住しなかった証左といえる」と称えた。

【参考】
『ロシアを知る事典』平凡社(2004)
亀山郁夫『大審問官スターリン』小学館(2006)
ノーベル財団のサイト
[PR]

by itsumohappy | 2008-05-31 22:11 | 文学・本 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/8011202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2008-06-03 17:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by itsumohappy at 2008-06-04 00:12
うわすみません。設定しすぎて、自分でもわけわからない
状態ですね(^^; せっかくお越しいただいたのに申し訳
ないです。うーん、、どれが×だったのだろう・・
Commented at 2008-06-04 15:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おロシア人 at 2008-06-04 15:24 x
あれ、設定変えました?気にしないで下さいね、本当に。
Commented by itsumohappy at 2008-06-04 23:38
内容ではなく単純にキーワードで設定なんですね。登録しすぎると
一部分が重なっただけで機械的にはねまする・・ちなみにどこが
いかんかったのかわからなかったり(^^; なんかいい方法ないかな~
Commented by marcel_proust at 2008-06-07 21:36
ジョージ・オーウェルの『アニマルファーム』を読んだことを思い出しました。、寓話的なのにとても怖く感じたのを覚えています。

ソヴィエト自体はもうなくなりましたが、今の権威主義的なロシアの雰囲気に、そういった閉塞状態におちいる危険がはらんでいたりするのでしょうか。
Commented by itsumohappy at 2008-06-08 23:44
プルーストさん
こんばんは!アニマルファームはその時代の空気をよく風刺きかせて
描いてますよね。そういえば、オーウェルは、監視社会に生きるうちに
独裁者を愛してしまうという話も書いていました。

新大統領になってどう変化するかわかりませんが、
いちおうリベラル路線をうたっているような・・。
プーチン路線の継続もうたっていますけれども~
Commented by Bruxelles at 2010-05-18 14:14 x
はじめまして
この記事を私のBlogにリンクさせていただきました。不都合なら削除いたします。恐れ入りますが、その場合はご連絡をお願いいたします。
ーソ連への共感を持つ知識層が少なからずいたー
共感ではなく共闘、少なからず、ではなく吃驚するほど、で理解に苦しんでいます。その理由・原因を探求していこうと思っています。
Commented by itsumohappy at 2010-05-19 00:02
Bruxellesさん
ご訪問&リンクいただきありがとうございます。

いっとき、共産主義には夢があったんですねぇ。
今のような情報化社会ではないから、知識人が共産主義に
魅せられて?それに対する「理想」を抱き続けるのも
昔はある意味容易かったのかもしれませんね。
でもジッドのように途中で気づく人は気づいたん
ですねぇ。
Commented by Bruxelles at 2010-06-05 11:45 x
リンクしていただき有難うございます。
ただいま文庫本の(女性文庫)「百合子、ダスヴィダーニア」を入手し再読をはじめたところです。
それからべつのところでSartreとCamusの例の論争とその周辺に取り掛かろうとしつつあるところです。晩年のSartreは焼きが回っているというのが、私の感想ですが、それがどのようにまわっているのか、検証するのが、ちょっとしんどいですが、目前のテーマです。
またこちらにも、資料をもとめて訪問させていただきます。どうぞ宜しく。
Commented by hiro at 2010-06-05 21:46 x
更新がめったにありませんが、何かのおりにまたおいで
頂ければ幸いです(^^) 
Sartreですか。。晩年は呆けたといいますね。
どのように焼きがまわったかという検証、、たしかに
大変そうです><
Commented by 田村 秋生 at 2013-01-13 18:05 x
itsumohappyブログさん、初めての訪問です。自称「ジッデアン」ですが、やっと晩年になって溜めてきたジッド関連本を読了三昧で、と思ってましたが叶わずじまいです。少なくとも、ここでのテーマは僕の最大の関心事です。(人生最後の今年の旅は、ジッド眠るキュヴェルヴィルとノルマンデイと思っています。)
Commented by itsumohappy at 2013-01-19 23:33
田村様
ご訪問ありがとうございます。自分でも訪問しないブログなのもので(^^;気がつくのが遅れましてすみません。
ジッドでもノンフィクション系はなじみがなく、知り合いの先生から教えてもらって読みました。小説のほうもあまり読んでいませんが・・。家にある文学全集に入っているのくらいはそのうち読もうと思って月日が経つばかりです。
ノルマンデイ、どんなところでしょう。イメージとしては荒涼たる風、です。


<< ドストエフスキー 『悪霊』       最近の話題から >>