ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 17日

岩下明裕 『北方領土問題 4でも0でも、2でもなく』

北方領土問題の解決案として、先日、麻生外務大臣は「択捉島の25%と残り3島(国後、色丹、歯舞)をくっつけると、ちょうど50・50(%)ぐらいの比率になる」として、面積を考慮した交渉を視野に入れるべきという認識を示したという。(12月14日北海道新聞)
麻生外相は9月にもこの問題に関し、3島返還という選択肢があることに触れている(9月28日毎日新聞)。北方領土問題は、政治的な決断以外に解決策はなく、領土解決の意欲をみせているプーチン大統領の任期中に何とかしたいという考えがあるらしい。

もはやこの問題で政治決着というのは、何らかの妥協が要求されるということであろうが、08年までの大統領の任期中までに大きく動くとは考えにくい。それとも麻生大臣は相当の覚悟を持って何か具体的な交渉を始めるのだろうか。
日本政府の方針は、「四島の帰属を解決して平和条約を締結する」である。四島の帰属とは当然日本への帰属という前提のもと、粘り強く訴えていくというもの。しかし、もう十分粘り強く訴えてきたのではないか?先も見えないままいつまで粘れるものか?と考える人たちが出てきても不思議ではない。実際、根室市長は、地元経済の疲弊を考えると、歯舞、色丹の2島先行返還を糸口とする交渉を望むという意見を述べている。(6月29日朝日新聞)

d0007923_238384.jpgそういう声もあれば、何十年、何百年かけても4島を取り戻せ、絶対妥協するな式の強硬な論もあるようだ。領土問題はナショナリズムを刺激しやすく、当事者は時には冷静さをなくす。ということで、できるだけ中立的な視点に立って、この北方領土問題の解決への提言を試みたのが本書である。

著者はスラ研(北海道大学スラブ研究センター)の教授で、専門は、ロシア外交、東北アジア地域研究。政治色の濃い(著者曰くまともな学者を目指すならそういう問題は扱わないそうだ)北方領土問題は、これまで意識的に避けてきたそうだ。
この本では、04年10月、沿海州の中ロ国境が、「フィフティ・フィフティ」で係争地を分ける形で解決された画期的事件のあらましと手法を解説し、北方領土問題解決に応用できる可能性を探っている。

四島返還を掲げ続けるなら、その覚悟を一度国民に問うべき時期が来ており、もしその覚悟がなければアプローチを変えてもいいのではないか、ロシアは今まで4島返還を一度でも本気で考えたことがあるか、相手にその気がない交渉を続けても可能性のない闘いとなるだけではないかという教授の意見には説得力がある。さらに、北方領土解決のために、何らかの妥協した際の利益と妥協を一切しない場合の利益とどちらが大きいか検討してもよいのでは、とも提言している。

中ロ国境は、過去、軍事衝突も起きた緊張感の強い地帯であり、中ロに国境問題を解決する意欲と必要性があった(解決する利益のほうが大きかった)。では北方領土の場合はどうなのか、政府が今までどんな実際的な研究をしてきたのかよくわからない。
現実的な交渉とは何かを考えさせる本。新書なので読みやすいと思う。今月、朝日新聞社の大仏賞を受賞した。

麻生大臣には歴史に残る交渉の大きな一歩を踏み出してほしいですね。

(参考:北海道大学スラブ研究センター『国境・誰がこの線を引いたのか-日本とユーラシア』)
[PR]

by itsumohappy | 2006-12-17 23:19 | 歴史・領土問題 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/4398330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bisquefever at 2006-12-23 04:28
最大の問題は、住民をどうするかですね。
日本語がしゃべれず、
ロシアへの帰属意識が強い。
いざ返還となると、住民がどんどん増えて、
十万人くらいに膨れ上がるとか(笑)。
スペインのバスクなりかねません。

現実的なのは、香港方式で、
返還を百年後に想定して調印し、
二ヶ国語の教育を行い、
ホテルを作って観光地にしてゆきます。
日本人がやってきて現地に金を落とせば、
まっ、いいか、テロは止めよう、
という気持ちになるのではないでしょうか。

保守、左翼を問わず、政治家の皆さん、
考え方が甘いですね。
ドストエフスキーを生んだあのロシアが相手。
カラマーゾフを書くくらいの気持ちでないと。
Commented by itsumohappy at 2006-12-23 23:47
ロシア人住民の人権や希望は、北方領土返還後も尊重します・・なんて政府は言っていますが、具体的な検証がなされているのか全然わからないですね。
民間には「世界遺産・知床」の範囲を四島まで延長して自然の共同管理から始めたらみたいな意見もあるようです。気候が厳しいようで、観光といってもエコツーリズムみたいになるんでしょうが。

たぶん新機軸を考えるより「これまでの方針を粘り強く訴える!」と繰り返しているほうが実は政治家も楽だったりして?何が何でも解決したいという必要性が(多数の国民にとって)ない問題なのかもしれませんね。

制作真っ最中でしょうか。ロセッティみたいな絵ロマンチックですねー 
Commented by bisquefever at 2006-12-25 11:43
itsumohappyさま。

教室もホームページも始めたばかりで、
試行錯誤の連続です。
保育所でよちよち歩きしている三歳児並みです(笑)。

皮肉な話ですけど、
自然保護の観点からは未解決が最上ですね。
このまま温暖化が進むと、
観光地としても価値ある土地になるかも。
ロシアに対しての唯一の願望は、
スカパーにロシア専門チャンネルが開局されることです。
中国が5チャンネル、韓国が3チャンネル、
それなのにロシアはゼロ。
プーチンさん、日本工作を本気で考えてください。
映画にドラマ、バレエ、専門チャンネルで見たいですね。
Commented by itsumohappy at 2006-12-25 23:03
観光振興と環境保護は、場所はどこであれ両立困難ですよね。

ロシアの情報、なさすぎです。。言葉がわかればいいのですが。映画借りたくても店にあまりないし。トルストイももちろんよいけれど、現代の文化をもっと知りたいですね。なので、TV入るとだいぶ親近感わくと思います。
私の願望は、ロシア観光地の外国人料金撤廃!です!
Commented by japolska at 2006-12-26 12:58
北方領土は、ロシアが持つ数少ない、日本への”強いカード”ですからねぇ・・・難しいですよね、ホント。
私も地図とかで見ましたが、考えてみるとこんなに日本に近いところに、
ロシアの領土があるって、私の目にはなんか薄ら怖く映りました。
Commented by itsumohappy at 2006-12-27 23:14
国後島の対岸にある町の博物館の屋上から、あっち側がすぐそばに
見えました。双眼鏡使うと、建物や車が走っているのもよくわかるらしい
です。ということは、向こうからもこっちがよく見えてて、新しい建物が
町にできると「あれは何だろうな?」みたいにロシア人たちは話している
そうです。(交流で来たロシア人から博物館の人が聞いたそうです。)


<< レニングラード国立バレエ 「く...      マリインスキーバレエ 「海賊」... >>