ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 22日

日本から見える「ロシア」

北海道の納沙布岬や宗谷岬の向こうはロシア。日本とロシアの交流は1792年10月、ラクスマンの根室来航にはじまる。ラクスマンは、漂流民大黒屋光太夫を伴い通商を求めるためにやってきた。江戸幕府からの返答が来るまでの約8か月間、ラクスマン一行は根室沖の弁天島に船をつけて上陸し、根室で生活した。日本で最初のロシア語辞典が作られたのもこの時。一行は翌年6月、幕府と交渉のため松前に向かうが、長崎入港を許可する「信牌」を受け取って8月、箱館から帰国した。日本の対ロシア開国は、1855年2月のことである。(2001年12月29日 読売オンライン)
d0007923_2343961.jpg

     ラクスマン根室冬営の図(天理大学図書館蔵)


d0007923_23524100.jpg
根室港。右上が弁天島。根室の町は、かつてはいわゆる北方領土(歯舞、色丹、国後、択捉)への玄関口だった。納沙布岬などからロシアが実効支配する島々を見ることができる。今は目の前の海で漁を自由に行えない。ロシアと毎年交渉して結ばれる協定の範囲内で操業が可能となるまでは、周辺海域での漁業は常にロシア警備艇からの銃撃、拿捕の危険にさらされていた。

d0007923_236263.jpg

納沙布岬から見る北方領土、歯舞群島のひとつである水晶島(左)。右端に小さく見えるのは1937年に日本がかつて立てた貝殻島の灯台。貝殻島は、灯台がやっと立つ位の大きさの島(というより岩)で、岬から3.7キロメートルのところにある。灯台との間が日ロ中間ライン(「国境」とは言わない)。そこを越えるとロシアの警備艇に捕まる。灯台周辺はコンブの漁場で、シーズン中はロシアに「協力費」を払って入漁する。歯舞群島にはロシア国境警備隊がいるだけで、住民はいない。

d0007923_2371845.jpg

   納沙布岬と歯舞群島の上空写真(2006年1月9日 海上保安庁ヘリ撮影)
   (第一管区海上保安本部のHPより) 


d0007923_2382575.jpg根室は領土返還運動発祥の地でもある。エゾカンゾウの咲く海岸沿いの道路のところどころに立つ看板。右上には「こどもたちのために新たな決意で燃やそう返還の火」というスローガン。イラストの少しゆるい感じが気になる?



d0007923_23405787.jpg
納沙布岬にある「四島のかけはし」(左)。右側に「祈りの火」。島が返還されるまで燃やし続けるそうだ。


d0007923_2394069.jpg

奥にうっすらと見えるのが標津町から30キロメートル先にある国後島。根室海峡に面する町、泊(ゴロブニノ)では日本のTVも映る。戦前はこの島に約7300人の日本人が住んでいた。現在ロシア人が約4300人住む。

d0007923_23101168.jpg

   国後で一番大きい町、古釜布(ユジノクリリスク)。(内閣府HPより)
   鈴木宗男議員ゆかりの「友好の家」はここにある。

d0007923_23112733.jpg

   標津町にある領土返還を叫ぶモニュメント。国後を臨む海沿いにある。

d0007923_23114955.jpg

択捉島にある「水産会事務所」(左)と「紗那郵便局」。(内閣府HPより) ともに、現存する戦前の日本建築。ソ連上陸後、日本の建造物は多く破壊されたため貴重である。水産会事務所は、1922年に建てられた当時唯一の2階建て建築物。戦後はソ連人が使っていたが、現在は空き家。紗那郵便局は1885年開局、その後建て替えられた。電信局もあり、ソ連の択捉上陸(1945年8月28日)はここから根室に打電された。建物は今でも使われている。

北方領土へはサハリンから船や飛行機で行くことはできる。しかし、パスポートを使うことは外国領と認めることになり、日本の国策に反するので一般国民は北方領土への渡航は自粛することになっている。北方領土の元島民や関係者は国の制度を使って、かつての故郷の訪問や墓参りをすることができる。その際、所定の身分証明書で入域(入国ではない)する。四島在住ロシア人との交流事業もある。来日したロシア人達のお気に入り買い物スポットは100円ショップらしい。
[PR]

by itsumohappy | 2006-07-22 23:50 | 歴史・領土問題 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/3420804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from blog 漱石サロン ラ.. at 2006-07-26 12:05
タイトル : 雨の 裏千家・今日庵 宗家
24日のお昼前、志倶会の稽古を終えて、兜門(かぶともん)を出ました。 雨は小止みになっていて、ふりかえると兜門の屋根が濡れて、いつもと違う風情を ただよわせておりました。 またまた、画像が表示されません。小さいサイズだけなんとかアップできそうですが。 せっかくの画像をお見せできなくて残念です。 杮(こけら)葺きの屋根は雨にしっとりと濡れ、竹の樋には水滴が並んで光っていました。 では、祝日の兜門の画像を、一枚入れておきましょう。 提灯には裏...... more
Commented by tsubakiwabisuke at 2006-07-25 14:04
はじめまして。
最近、二葉亭四迷のことを書きました。ロシア関係を検索していくうち同じサーバーのブログにたどり着き、うれしく思います。今後よろしくお願いいたします。

日本インターネット新聞・椿コラム 古都つれづれ
http://www.janjan.jp/column/tsubaki/list.php
Commented by japolska at 2006-07-25 19:11
こちらの記事に載っていたのかもしれませんが、
100円ショップにある同じ中国産の商品でも、ロシアに流れるのと日本に流れてくるのでは質が全く違う、というのを読んだことがあります。
ちなみにポーランド人の私の夫も100円ショップ大好きです(笑)。
でも今は商品によっては他の店で買ったほうが安いものもあるんですよね。
ところで、ロシアの方に人気な商品ってなんでしょうね。ちょっと気になります。
(ちなみに夫のお気に入りはインド製お香です)
Commented by itsumohappy at 2006-07-25 22:47
椿わびすけ様(でよろしいでしょうか)、はじめまして。HP拝見しました。。
先生でいらっしゃるのですね。(裏を勉強中です こないだ真の行はじめてやって足がこわれました)HPまたゆっくりおじゃましたいと思います。 ・・・高等遊民にあこがれます!
Commented by itsumohappy at 2006-07-25 22:48
じゃぽるすかさま。そうそう日本にある100円ショップじゃないとだめなんだそうです。中国経由だと質が落ちるって。つい買ってしまうけど必ずしも全品安くはないですよね。ロシア(に限らないかもしれませんが)人に人気なのは家電? 空港で日本製品の箱山積みにしているひとを見かけました。
Commented by tsubakiwabisuke at 2006-07-26 10:36
itsumohappyさま
>こないだ真の行はじめてやって足がこわれました)
お茶をなさっていたとは。嬉しくなりますね。プロフィールが見当たらないようですがもしかして京都にお住まいですか?知識が深いあなた、漱石についてコメントお願いしたいですね。
Commented by itsumohappy at 2006-07-29 01:37
リンクありがとうございました。遅まきながら私も・・。横浜でして、京都はあこがれです。よく行っていました、最近はご無沙汰ですが。漱石はやはり、時につらくなる位の心理描写の深さ、でしょうか。。昔読んだ本を読み返すとまた印象が違うのかもしれないですね。
Commented by すぱしーば at 2006-08-02 13:53 x
itsumohappyさま
リンクありがとうございます。
お礼が遅くなってしまって申し訳ありません。
itsumohappyさんのサイトは私の駄ブログと違って、質が高くて感動ものです。ちょくちょく覗かせていただきますね。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by itsumohappy at 2006-08-02 22:42
翻訳お疲れさまでした。更新おおいにさぼり気味ですが、(最近目が痛くって~)よろしくお願いいたします。・・エルミタージュの宝石はいったいどこにいってしまったんでしょうねぇ。。


<< 1945年夏      ロシアの悲願、WTO加盟 >>