ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 02日

ドストエフスキー『白夜』

d0007923_23381929.jpg
在ペテルブルクの領事館の案内によるとペテルブルクの白夜は5月25・26日頃から7月16・17日頃までで、日照時間最長は6月21・22日頃(18時間53分)とのこと。建都300年祭の時、NHKで報道した白夜の様子が記憶に新しい。この白夜の頃が1年で最も快適だが、体のリズムが崩れて体調不良になることもあるらしい。

ドストエフスキーの短編『白夜』(1848年)は、ペテルブルクの白夜の運河で出会った孤独な貧しい青年と不幸な少女の淡い夢のような話。白夜という幻想的な舞台はペテルブルクならでは。憂愁さに満ちていてロマンチック。ドストエフスキーの意外な?繊細さが伺える、寂しいけれど不思議な温かさのある作品である。(小沼文彦訳/角川書店)

私は見ていないがヴィスコンティが映画化している。ただし舞台はイタリアの港町(ロケではなく、チネチッタでのセット)になっているそうな。

d0007923_2326492.jpg

      小説に出てくるフォンタンカ運河
[PR]

by itsumohappy | 2006-06-02 23:29 | 文学・本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/3170379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by moviemania1999 at 2006-06-03 01:39 x
●いつも来ていただきありがとうございます。
6月1日から2日まで不具合がありましたがなんとか復旧できたみたいです。

●良かったら私のブログ内の『今月(6月)の常連様』にご紹介くださいませ。
・・・というかいつものアンケートです。(映画のブログでなくても全然OKなので)
Commented by itsumohappy at 2006-06-03 22:02
第3倉庫は大変でしたね。最近映画館ご無沙汰なので私のチラシは全然増えません。。
Commented by japolska at 2006-06-06 20:38
この運河の写真素晴らしいです。ぜひ行きたいです。
水辺にいると、嫌な事すべて流せそうで。
Commented by itsumohappy at 2006-06-06 23:29
水の流れを見ているだけで心が落ち着きますよね。大小の橋があって情緒があります。行ったときは水位が上がってて運河めぐりができなかったのがちょっぴり残念でした。


<< ネオナチの台頭      ムソルグスキー「展覧会の絵」 ... >>