2006年 04月 30日

樺太と戦争の悲劇

先日、63年ぶりにウクライナから帰郷し、弟、妹と再会を果たした元日本陸軍兵士、上野石之助さんのことが大きく報道された。1943年に出征して樺太の歩兵部隊に所属し、終戦後もしばらくは樺太にいたそうだ。
1945年8月15日のポツダム宣言受諾後にソ連は南樺太と千島に侵攻した。上野さんも戦闘に参加し、その後抑留されていたのかもしれないが、帰国までの間の苦労については「運命」としか語らなかった。

終戦時、南樺太(北緯50度以南)の人口は約40万人。戦争が終結したのにもかかわらず、ソ連の侵攻で多くの民間人が犠牲となった。

   1945年8月の樺太の区画(地理のページより作成。カッコ内は現在の地名)
d0007923_024916.gif

『ダスビダーニャ、わが樺太』(道下匡子著)という本がある。(「ダスビダーニャ」は「さようなら」の意味) 当時3歳だった樺太真岡市生まれの翻訳家が、終戦後、樺太在住の日本人(韓国人もだが)を襲った悲劇を父親のメモや親類、関係者などの話を基にまとめたノンフィクションである。ソ連軍兵士が家々に押し入って略奪を行う中、作者の一家はまさに兵士たちに相対しつつも間一髪生き延びた―3歳の作者がなぜ一家を救えたか、という冒頭のエピソードから8月20日の真岡への無差別爆撃、集団自決、引揚げ船への潜水艦攻撃など戦争の惨禍が静かに展開されていく。読んでいて楽しい本ではないが、樺太からの引揚げ体験などは満州ほどにはあまり聞かないので印象に残る。

  現存する日本時代の建物のひとつ、旧樺太庁博物館 
  現サハリン州郷土博物館
d0007923_0222357.jpg
樺太での日ソの戦闘の死者数は兵士、民間人合わせて約6000人とされるが、公式記録はない。また、空襲の死者数約1000人、潜水艦爆撃の死者数約1700人という数についても正確なところは不明である。
ソ連は、南樺太、千島を占拠して1946年、自国領に編入したが、日本がサンフランシスコ平和条約で放棄した南樺太、千島の部分は帰属先が未確定のまま今に至っているので、ロシアの領有に法的な根拠はないとされる。

戦後、千島の住民も樺太に移送され、収容所で抑留されていた民間人は順次北海道などに引揚げた。兵隊はシベリアなどの収容所へ送られた。
引揚げずに今もサハリンに暮らす70、80代の「一世」は約250人いるそうだ。なお、強制移住で樺太に来て、戦後、帰国の道を失い残留した韓国の人々は最大の犠牲者かもしれない。

現在、「日本サハリン同胞交流協会」などの団体がサハリン在住日本人の一時帰国の支援活動を行っている。上野さんの報道に隠れてしまったが、先日の新聞で、同協会の支援する一時帰国団員として、11年間シベリアに抑留されそのまま現地で亡くなった日本人とロシア人女性の間に生まれた姉弟が肉親を捜すため来日し、「日本の土を父の墓に供えたい」と語った記事があった(4月26日 毎日新聞)。父親の戸籍は、上野さんと違って残っていたそうだが親戚を見つけることはできただろうか。その後の報道は今のところないようだ。

d0007923_0261484.jpg
日露国境に置かれていた石。双頭の鷲の裏側(日本側)は菊紋である。 (サハリン州郷土博物館所蔵)







************

【サハリン】
北緯50度以南は1905年、ポーツマス条約の締結により日本領となった。中心都市は豊原で樺太庁が置かれていた。

面積は北海道の約1.1倍。最南端のクリリオン岬から宗谷岬までは43km。(東京~千葉くらい)全島の約5割が針葉樹林(タイガ)地帯。
現在、100以上の民族から構成され、そのうち約80%がロシア人。州の人口は約58万人(02年12月)。島だけで構成される州である。千島列島、北方領土も管轄区域。(在ユジノサハリンスク日本国総領事館のデータ)
[PR]

by itsumohappy | 2006-04-30 23:16 | 歴史・領土問題 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/3035866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 鎌倉紀行&時雨日記 at 2006-05-03 22:52 x
こんばんは。鎌倉紀行&時雨日記の森川です。
リンクしていただきありがとうございます。
今日まで、関西圏を旅行していました。
今回の旅行では、今まで行きたい!と思っていたところを全部周って来ました。奈良県明日香村(飛鳥寺、石舞台古墳など)、斑鳩の里、京都高雄の神護寺、滋賀県彦根市の彦根城などなど。
数多くの国宝級の仏像や文化財を見ることができ非常に満足したのですが、逆に「今まで一体この日本という国の何を知っていたのだろう」と考えさせられる旅でもありました。

話は変りますが、GW中の鎌倉は大変ですよ!
江ノ電がディズニーランドのアトラクション並の混雑だし・・・。
Commented by itsumohappy at 2006-05-04 22:58
たくさんまわられましたね。かわらけは投げましたか。京都・奈良は私も大好きです。北のほうへ行くほど中世の物語の世界になりますねー。飛鳥では橘寺の観音が好きです。 鎌倉は、、やめました(^^;
Commented by japolska at 2006-05-06 05:38
ここ2,3日、徳川家康の本を読んでいます。
その中で、豊臣秀吉の朝鮮遠征の話も出てくるのですが、
こういった歴史の裏には、1人、もしくは数人の人間の欲の為に、何万何千人という人間の不幸があるんだと思うと、複雑な心境です。
その遺恨が子、孫にと受けつげられて、今の時代まで残ってしまう。残念なことです。

Commented by itsumohappy at 2006-05-07 23:47
歴史認識とよく言いますが、遺恨を持つほうの気持ちはどれほどか想像つかないですね。。「新天地」樺太の開発も過酷だったようです。
日本人は忘れやすいのか認識がまだまだ足りないのか・・両方かな?


<< ボリショイバレエ「ラ・バヤデール」      チェルノブイリ事故20周年 >>