ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 26日

ユーゴザーパド劇場 「巨匠とマルガリータ」

d0007923_2358665.jpgユーゴザーパド劇場は、演出家のワレリー・ベリャコーヴィッチ氏が77年に作ったモスクワ市南西(ユーゴザーパド)の労働者街にある120席位の劇場。モスクワ中心部から地下鉄で30分位かかるらしいが、連日盛況の人気劇場だそうだ。この劇団の3度目の来日公演が、ロシア文化フェスティバルの一環として天王洲アートスフィアで行われた。(マクベス/巨匠とマルガリータ 3月21日~26日)
22日、劇団の代表作のひとつ「巨匠とマルガリータ」の公演を観た。

長大な原作なので舞台も3時間強の大作である。あの話を一体どう舞台化したのか興味があった。アイデア勝負というか期待どおりの斬新な演出だったと思う。悪魔の舞踏会のシーンは、トタンをがんがんいわせて半裸の人が踊り狂い、なるほどそれらしくうまいものだった。

d0007923_22544347.jpg

舞台装置は、最初から最後までトタンが8枚ぶら下がっているだけ。世界のあちら側とこちら側を区切る結界的役割で、要所要所で役者はトタンをめくるように飛び出たり引っ込んだりする。動きが激しいときなどトタンの端で怪我しないだろうかと心配してしまった。

d0007923_22552236.jpgベリャコーヴィッチ(左)自身が悪魔の親玉。優しい目をした知的で可愛げなおじさんなので、哲学的でも親しみやすい悪魔だった。手下の悪魔達やヨシュア、ピラトをはじめエルサレムの人々、詩人、そして巨匠とどれもだいたいイメージどおりだったが、若干違和感あったのは肝心のマルガリータ。ロシア人がイメージするマルガリータってあんな感じなのだろうか。野太い声というかどすのきいたような低音で、本当に魔女のようだった。昔の映画「サンセット大通り」のG・スワンソンを思い出した。巨匠がもともと弱いキャラクターなので、マルガリータの一種あくの強さが際立っていた。
(写真はアートスフィアの公演HPより)

ベリャコーヴィッチは、「強力な悪の誘惑に負けず、誠実な人間でいるには悪の本質を知る必要がある。そのことを劇から感じてほしい」と語っている。(3月13日 朝日新聞)
原作者ブルガーコフは「悪が存在しなければ善はどうなる?」と問うた。悪を知れ、というメッセージは、今の日本社会では実に示唆に富んだものだと思う。


************
ロシアではプロの俳優は演劇大学で養成されるシステムらしく、ベリャコーヴィッチ自身もロシアで最難関の国立演劇大学で学んだ。卒業後、地元で劇団を旗揚げした。ここの劇団員のバックグラウンドはいろいろで、伝統的なロシアの劇団とは異質である。ペレストロイカ時代、エジンバラ演劇祭で上演した「ハムレット」をきっかけに世界に知られるようになった。

ユーゴザーパドでは、「演劇はカーニバル」というベリャコーヴィッチのもと30位のレパートリーを上演している。スケジュールを見ると毎日出し物が違う。「ハムレット」、「ロミオとジュリエット」などシェークスピアの作品、「検察官」、「どん底」などロシア古典ものほかいろんなタイプの作品を同じ月にやっている。

アートスフィアはユーゴザーパドの公演を最後に閉館し、改装後ホリプロの劇場になるそうだ。
[PR]

by itsumohappy | 2006-03-26 22:50 | 演劇 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/2882084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 鎌倉紀行 at 2006-04-02 20:50 x
こんばんは。鎌倉紀行(時雨日記)の森川です。
私のブログのリンク集に貴サイトを登録させていただきました。
よろしくお願いします。
http://kamakuraprivate.cocolog-nifty.com/
Commented by itsumohappy at 2006-04-02 22:21
ありがとうございます。私もリンクページを作ることができた暁
にはぜひ登録させてくださいませ。
今年は行きそびれましたが、来年は光明寺の門にあがりに
行きたいです!


<< シェレメチェフ家の宮殿      2月革命と臨時政府の成立 >>