2006年 01月 31日

ソルジェニーツィン 『イワン・デニーソヴィチの一日』

d0007923_233679.gifソルジェニーツィン氏(1918年生)は冷戦時代、反体制派の作家として有名だった。(今でも有名だが)昔、新聞で「ソ氏」とあればそれで充分通じ、サハロフ博士と並び闘う知識人の代表というイメージがあった。74年に国外追放され94年にロシアに帰還したとのことだが、最近話題になることはなく、かといって死亡ニュースは聞かないから多分存命だろうとしか分からなかった。だが、先日著作『煉獄のなかで』がロシアで初TVドラマ化され(ソ氏は脚本を担当)放映が始まったというニュースがあった。(1月28日北海道新聞ほか)

代表作『煉獄のなかで』『収容所群島』などは長大で、扱っている内容からいって気分的にちょっと手が出ないが、収容所ものでも処女作『イワン・デニーソヴィチの一日』なら長すぎずとっつきやすい。
この小説は、62年に発表された。スターリンの死後、56年の党大会でスターリン批判が行われ、61年にはスターリンの遺骸がレーニン廟から撤去されたこともあり、この著作はフルシチョフの政治的決断で世に出たのである。

ソルジェニーツィン氏は、45年、私信などでスターリンを批判したということで逮捕され、裁判なしで8年の刑を受け、服役後、シベリアに追放された。その体験が作品の下敷きとなっている。 
『イワン・デニーソヴィチの一日』の時代設定は51年頃。主人公は、独ソ戦で捕虜になったことで「国家に対する罪」により10年の刑を受け、マイナス30度を超えるなかで強制労働させられる。特に印象に残るのは食べ物関係の話である。あまりに惨めで読んでいてつらい。日本人のシベリア抑留者の体験談と同じである。飢え、寒さ、過酷な作業。監視人が行列をカウントできず、何度も点呼するというエピソードまで共通している。
この小説で感銘を受けるのは、主人公が人の尊厳を保ち続け、作業でも実直な職人気質を失わず、とにかく生き抜こうとする強い意志の描写である。

収容所は帝政時代から存在したが、革命後の20年代からスターリン時代まで粛清や強制労働の犠牲となった国民は、1500万人は下らないという。スターリンは、「危険人物」を粛清するため、正規の裁判とは別の特別裁判のシステムを導入した。対象となったのは、貴族、軍人、党官僚、党員、知識人、僧、農民、労働者、外国滞在歴のある者、ユダヤ人等特定民族など。要するに誰でもだ。小説にもあるが、49年以来10年刑は一律25年刑になった。もうめちゃくちゃである。人々は、人民の敵としてよくわからないような理由で逮捕され、国家建設のための奴隷労働力として工場、ダム、道路づくりなどに酷使された。

自国民でこの扱いである。まして大戦期、(そして大戦後も)日独伊の捕虜を投入することなど何の不思議もなかったろう。そもそも34年~39年頃の大粛清後の時点で、ソ連将校の9割が皆殺しというから一体どんな軍隊だったのか考えるだに恐ろしい。
スターリン批判後多くの収容所は廃止され、今に至るまで犠牲者の名誉回復が続けられている。

現在、ロシアでは民間の人権団体による粛清犠牲者の発掘作業などが行われている。政府がどのような対策をとっているのかはわからないが、この度のソ氏のニュースを見ても、歴史見直しの動きはどんどん高まっているとは言えそうだ。
[PR]

by itsumohappy | 2006-01-31 23:49 | 文学・本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/2619413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 北方領土の日 ― ロシアとの領...      太平洋パイプラインプロジェクト >>