2005年 12月 04日

ロシアとの条約

d0007923_234339.jpg麻布台にある外務省外交史料館で、日露国交150年を記念して「日露関係のあゆみ:1855-1916」と題した館所蔵品の展示会をやっている。(今月27日まで)

d0007923_2343028.jpg史料閲覧する所の脇の建物にひっそりとした展示室が1室あり、普段でも吉田茂の関係資料など常設している。土日は開いていないし、閉まっている重い門をごろごろとスライドさせて入るので、とても通りがかりの人が気がついて、気軽に入って見てみようかという感じではない。

d0007923_2351758.jpg日本がロシアとはじめて調印した条約は「日露和親(通好)条約」(1855)。これにより日露国境が択捉とウルップの間とされ、箱館、下田、長崎が開港された。この条約の関係書類は関東大震災で焼失し、展示は写真だけ。今日、条約を写した文書しか残っていないのだ。うーん残念なことだ。

d0007923_2355197.jpg

1875年には「樺太千島交換条約」(右)が結ばれた。批准書は見栄えして立派。とじひもの缶(蝋缶:とじひもを押さえる赤い蝋を入れる)が妙に大きい。読んで字のごとく、日露雑居状態だった樺太をロシアへ、代わりにロシア領のウルップ以北18の千島の島々を日本へと帰属させた条約である。


最初の日露激突であった日露戦争のポーツマス講和条約の批准書も立派。下は調印書。サイン一行目に左はウィッテ、右は小村寿太郎の両全権の署名がある。
d0007923_236431.jpg

d0007923_2391967.jpg

日露戦争後、1907~1916年にかけて日露は満州や内蒙古での権益を相互に承認する「日露協約」を4回結んだ。公開協約と秘密協約がある。 (右下が秘密分)
d0007923_23111735.jpg
ロシア革命後、ソビエト政権によってこの秘密分は公開された。また、帝政時代に結ばれた条約は破棄されることとなった。

d0007923_23275758.jpg革命後国交が途絶えたが、1925年、「日ソ基本条約」でソビエトとの国交が樹立。常設展のほうに批准書(右)があった。この条約でポーツマス講和条約の有効性などが再確認された。 



そして時代は飛ぶが、第二次大戦中に結ばれた「日ソ中立条約」(1941)の調印書がこれ。
d0007923_23113410.jpg双方の中立友好、領土不可侵を約束したもの。不延長通告後一年間は有効のはずが、その期間内にソ連は日本に参戦し、満州、樺太、千島に侵攻した。

国交は日ソ共同宣言(1956)により回復したが、大戦の講和条約(平和条約)は戦後60年経過しても未だに結ばれないままだ。次にロシアと結ぶ歴史に残る条約は何だろう。たぶん平和条約なのだろうが、領土問題とのからみもあるし、一体いつまで休戦状態?が続くのだろう。
[PR]

by itsumohappy | 2005-12-04 23:34 | 歴史・領土問題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/2312691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< チェーホフ4大戯曲      ゴーゴリ 『ペテルブルグ物語』 >>