2005年 10月 16日

『北槎聞略』-大黒屋光太夫の苦難

エカテリーナ2世に謁見した日本人、大黒屋光太夫。
1782年に伊勢を出帆後、嵐に遭って8ヶ月漂流、アリューシャンまで行き着いた。その後ロシアの東端から大陸をペテルブルグまで移動し、1791年、帰国願をエカテリーナに直訴。翌年、対日通商を求める使節アダム・ラックスマンに伴われて根室に帰国した。 

(写真)エカテリーナ宮殿内 光太夫がエカテリーナ2世に拝謁した間
d0007923_22222561.jpg

帰国した光太夫が見たロシア事情を、幕命で学者桂川甫周が聞き書きし、『北槎聞略』として幕府に提出した。これの現代語訳(原文は漢文調で結構読むのが大変らしい)を図書館で借りて読んでみた。10年に及ぶ波乱万丈の物語であり、なかなか面白かった。

漂流の経緯、仲間の乗組員の運命、キリル・ラックスマンとの出会いといった帰国までの話に加え、ロシアの風土、気候、歴史、言葉、冠婚葬祭、動植物、生活一般等々が絵図とともに記されており、当時としてはかなりの情報だったと思う。これだけの内容を語るには、光太夫はメモなどをまめにとっていたのではないだろうか。ロシア人の生活の様相をつぶさに観察している。折々に聞き手の甫周が、自身の蘭語の文献などから得た情報を合わせて補足説明している。鎖国下でも海外事情をよく研究しているのがわかる。

光太夫はあちこちでロシア人の世話になり、食客みたいな感じだ。時には辞書作成の手伝いなどもしている。ツァールスコエ・セロー(エカテリーナ宮殿のあるペテルブルグ郊外)滞在中、宮中から皇太子の馬車で寄宿場所に戻って周囲の人をびっくりさせた話、ペテルブルグの娼家に連れて行かれ日本の話を聞きたがる娼婦達に囲まれて、帰国前には彼女らからお土産をもらった話、マスカレード(仮面舞踏会)の何が面白いのかわからないが、それがある度に着物を貸してくれと言われた話などエピソードも多い。

厳寒のシベリアを横断した光太夫は、驚異的な体力と気力の持ち主だったのであろう。帰国後、幕府からあてがわれた屋敷に暮らし、78歳で死去している。
光太夫の文物はペテルブルグのクンストカーメラ(人類学民俗学博物館)にあるそうだ。
[PR]

by itsumohappy | 2005-10-16 22:32 | 文学・本 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/2004286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ぱふぅ家のホームページ at 2015-11-11 15:11
タイトル : 西暦1792年 - 大黒屋光太夫がロシア女帝に謁見
西暦1792年 - 大黒屋光太夫がロシア女帝に謁見【更新】年表更新... more


<< プーシキン美術館展      プーシキン 『青銅の騎士』 >>