ロシアが気になる

amihappy.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 31日

ボリショイ・バレエ 「スパルタクス」

ボリショイ・バレエ「スパルタクス」の感想です。(1月31日/東京文化会館)

d0007923_215650.jpg
【出演】
スパルタクス:イワン・ワシーリエフ
フリーギア:スヴェトラーナ・ルンキナ
クラッスス:アレクサンドル・ヴォルチコフ
エギナ:エカテリーナ・シプーリナ
ボリショイ劇場管弦楽団/指揮 パーヴェル・ソローキン
音楽:アラム・ハチャトゥリアン

6年間の修復を終え、新装なったばかりのボリショイ劇場が引越し公演(1月27日~2月12日)。地震と放射能を心配していたと思うが、よくぞ来日した。都内の初日は、「スパルタクス」。古代ローマの剣奴の反乱(紀元前73-71年)を題材に、ユーリ・グリゴローヴィチが振付したバレエで、1968年初演された。

この演目のパリ公演(2008年)をたまたま録画で見ていたが(スパルタクスを客演したカルロス・アコスタが印象的だった)、実際観られる機会が少なそうなこともあって、先週チケットを購入。平日夜でも劇場の9割近くが埋まっていた。ワシーリエフがミハイロフスキー劇場に移籍したけれども、予定通りのキャスティングで行われた。

この作品は、ダイナミックな音楽にのって力強さでおしまくる勇壮な「男性バレエ」で、衣装も派手ではない。言うなれば、バレエという感じのしないバレエ。炸裂する管弦楽はやはり生の舞台ならでは。
主演のワシーリエフはわりと小柄で、どんなスパルタクスかと思いきや、ゴム鞠のごとくかなりの気合で最初から最後まで飛び跳ね、かつ、スピーディなー切れのよさを披露して喝采を浴びていた。
d0007923_23355796.jpg
撮影:Damir Yusupov

シプーリナのエギナも濃いキャラクターのせいか心に残る演技だった。対して、ルンキナのはかなさはややわりを食う感じになった(そういう役柄なので仕方がない)。
半ばでヴォルチコフの着地が失敗し、その後、やや足を引きずったのでどうなることか心配だったが、後半は無事に踊りきった。あと、兵隊さんの数がもう少し多いとより迫力が増しただろう。
前回来日時よりずっと円高のはずだが、チケットの価格帯は変わらない印象である。もう少し何とかならないものだろうか。

d0007923_25938.jpg
改装されたボリショイ劇場のメインロビー
[PR]

by itsumohappy | 2012-01-31 23:45 | 演劇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amihappy.exblog.jp/tb/15359373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< プーチン氏、中間層の政治参加を約束      公正な選挙を求める中間層、大規... >>